11月21日の「マツコの知らない世界」で紹介された横須賀の地元パン「ポテチパン」が紹介されました。ポテチパンとは、砕いた「のり塩味のポテトチップス」と、キャベツとマヨネーズをあえた「コールスロー」をサンドしたパンのことです。横須賀市民に「ポテチパン」として愛されています♪

この記事では、1953年の老舗、元祖ポテチパン発祥のお店「中井パン店」で買ってきたポテチパンとその他のパンの紹介と、自分でアレンジして作ったレシピをご紹介します。本物はもちろんのこと、アレンジ版もかなりな美味しさでした。ポテト&マヨネーズは最強のコンビですね!

5分で作れるアレンジポテチパン、大人にも子供にもうれしいおやつにオススメです♪

スポンサーリンク

中井パン店 元祖ポテチパン発祥のお店 「ポテチパン」

レトロな看板が見えてきます。

土曜日の12:30、ショーケースの中にはパンがどっさり並んでいました♪。到着した時、お客さんはいませんでしたが、買い終わる頃にはサラリーマンや郵便局員さんがぞろぞろ買いにきました。地元に愛されていますね~

中井パンのパン生地は、初代から変わらない中種(なかだね)と言われる製法で作られています。中種とは、小麦粉、水、イーストを混ぜた生地を一晩かけて発酵させる方法です。粉くささがなくソフトな仕上がりが特徴です。

中井パン店にて、、「ポテチパン 150円(税込)」「揚げソーセージパン 120円(税込)」「チリドッグ 160円(税込)」「ごぼうサラダパン 140円(税込)」を購入。どのパンも甘めでふんわりしたバンズとの相性がばっちりです。

◆ポテチパン&揚げソーセージパン

自宅に持ち帰って昼食にしました。ポテチがパリパリしていて本当に美味しいです!。パリパリ感をより楽しむのであれば、買ってその場ですぐに食べるのがベストですね♪。揚げソーセージパンも美味で、ひたすら懐かしい味でした。

手前が「ポテチパン」、奥が「揚げソーセージパン」

ポテチパンの中身。コールスローサラダがぎっしり詰まっています。

◆ごぼうサラダパン&チリドッグ

こちらは夜食にいただきました♪。今日はお昼からパン祭りです。ごぼうパンは口にいれたとたん、ごぼうの香りが口いっぱいに広がります。チリドッグの辛さはマイルドで、お子さんでも食べやすいと思います。弾力のあるソーセージが口の中ではじけて美味しいです♪

左が「ごぼうサラダパン」、右が「チリドッグ」

中井パン店のお店情報はここをクリック

アレンジしたポテチパンの作り方

以下の2パターンの材料で作ってみました。

1)ライトツナ缶&ポテチ(2枚分)

★材料
食パン(2枚)、ライトツナ缶(1缶)、ポテトチップス(適宜)、マヨネーズ、
黒こしょう(適宜)

あらかじめトースターでパンを焼き、ライトツナ缶を用意します。

ツナ缶にマヨネーズと黒こしょうを入れて混ぜます。

ポテトチップスを用意します。(今回はカルビーのうす塩味を用意)

焼いたパンの上に、先ほど混ぜたツナを塗りポテトチップスを乗せて完成です!見た目はざっぱくな感じ(汗)ですが、定番のツナマヨネーズに黒こしょうとポテトの塩気がとても合い、パリパリした食感がくせになる美味しさです!

スポンサーリンク

2)卵&ポテチ(2枚分)

★材料
食パン(2枚)、卵、ポテトチップス(適宜)、マヨネーズ(適宜)、黒こしょう(適宜)、
粉チーズ(任意)

あらかじめトースターでパンを焼き、フライパンで粗めのスクランブルエッグを作ります。

焼いたパンの上に、スクランブルエッグを乗せマヨネーズと黒こしょうをかけます。

「ア・ラ・ポテト」を上に乗せて完成です!波形カットだからさらにパリパリ食感がマシマシです!!好みで粉チーズをふっても美味しいですよ♪

ポイントとして、どちらのポテチパンも、ポテトチップスはうす塩かのり塩味のあっさりした種類が良いです。卵のほうは、より食感が楽しめるア・ラ・ポテトにしました。

普通の食パンでもかなりな美味しさです。やはり、オリジナルも食べてみたくなりますね!横須賀にあるポテチパンを作っているパン屋さんの情報をご紹介します。

横須賀ポテチパンのお店情報

・中井パン店

先に紹介した元祖と言われている「中井パン店」。京浜急行の「県立大学」駅にあります。再ブレークのきっかけは、日本テレビの『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』で取り上げられてからだそうです。TVの力は大きいですね!
地図

出典:http://hamarepo.com/story.php?story_id=4697

実際に言った人の声です。「ちくわパン」なる個性的なパンもあるのですね、気になる!

・ワカフジベーカリー

もう1軒の元祖といわれている、ワカフジベーカリー。中井パン店と並んで知られているお店です。ワカフジベーカリーは、京浜急行の「京急久里浜駅」とJR横須賀線の「久里浜駅」のどちらからでも歩いて行けます。(地図

2018年4月の第二日曜日に買いにいったところ、定休日でした。残念!ちゃんとHP見ていけばよかったと後悔しました!(お店のHPへ

定休日は「毎週土曜 第2第4の日曜」です。

ポテチパンがお店の人気No.1になっています♪。写真を見ると、キャベツの切り方がダイナミックですよね。

売り切れになることもよくあるそうですので要注意ですね。

開店時(9:00~)、お昼(12:00~)くらいがねらい目だそうです。

出典:http://wakafuji.locopo-jp.com/

・はまだ分店

中井パン店のポテチパン再ブレークのきっかけとなった『秘密のケンミンSHOW』を見てポテチパンの販売を決めた店が、「はまだぶんてん」です。京急の浦賀駅前にあります。(地図

大正3年から創業している「ソフトフランスパン発祥の店」です。浦賀の老舗パン屋さんとして有名なお店です。

お店の中は広めの店内に、びっしりとパンが並んでいます。毎回、どのパンを買うか悩んじゃいます。

浜田分店さん(@hamada_bunten)がシェアした投稿

ポテチパン(左)とカレーパン(右)を購入しました♪甘口のカレーが入っています。今回は通常のカレーパンを購入しましたが、「横須賀海軍カレーパン」も人気商品です♪

キューブ状の「チョコキューブ」「抹茶クリームキューブ」。表面の「叶」の焼き印は浦賀にある「叶神社」にちなんで付けている、演技のよいパンです♪

願が「叶う」という由来の叶神社は、パワースポットとしても人気があります!

断面(上)がチョコキューブ、断面(下)が抹茶クリーム。チョコはビターなさっぱりとした味わいです。上品な甘さのクリームと香りの良い抹茶のコラボは思った以上に相性が良いです!

まとめ

中井パン店のポテチパンは、ふんわりとしたバンズにパリパリしたポテチの相性が抜群で本当に美味しいです。

また、ポテチパンは、パンの種類と材料を変えれば様々なアレンジが可能なのが楽しいですね。しかも短時間で作ることができるのが魅力です。

お家にポテトチップスとパンがあったら、ぜひチャレンジしてオリジナルポテチパンを作ってみてはいかがでしょうか♪

スポンサーリンク

~関連リンク~

マツコの知らない世界|ポテチパン|アレンジ版(第二弾)を作ってみた。

マツコの知らない世界|パン|千葉(千葉の地元パン3選)