2018年元旦の夜6:00から放送された芸能人格付けチェック!超大物の芸能人が正解を外したり、逆に若いタレントが見事に回答を当てたりと、予想外の展開に目が離せません。

そんな中、タッグを組んだYOSHIKIとの戦いの様子は?超注目のGACKTの連勝記録はどうなったのか?GACKTとYOSHIKIにフォーカスし、面白シーンも交えながらご紹介します

ちなみに、GACKTは番組冒頭「レベルが低すぎる」と強気発言していましたが、過去の対戦を見ると、あまり余裕があるように見えない時もありました!さて、勝負のゆくえは?

格付けチェックの番組概要はこちらのページも合わせてご覧くださいね。

なお、今回の番組収録後、余裕に見えていたGACKTは40度の高熱を出して5日間寝込んでしまったそうです!余裕に見えても精神的にはかなりキツかったようですね。そのファイトに拍手!

出典:GACKTインスタグラム

スポンサーリンク

◆出題内容

チェック1「ワイン」

最初の問題は1本100万の「シャトー・ペトリュス」のビンテージワインと1本5千円のテーブルワインを鑑定。鑑定したのはYOSHIKI。普段から高いワインを5~6本空けてしまうほどのワイン好き。当然、余裕で正解します!他の芸能人は結構、5千円のワインを選んじゃってましたね(笑)YOSHIKI曰く、5千円とは思えないクオリティとのことですが・・

さらに驚いたことに、YOSHIKIは自身でワインを製作までしているのです!そりゃあ当てて当然ですよね。レベルが違いすぎです!

チェック2「和楽器」

筝・三味線・尺八のプロの和楽器奏者とアマチュアの和楽器サークルを鑑定。これはGACKTが鑑定。結果は・・・・見事正解!。プロの音楽家は、音楽のジャンルを超えて本質を見極めるのでしょうね!すごいとしか言いようがないです。

チェック3「味覚」

GACKTとYOSHIKIのチームで鑑定。A(高級キャビア)、B(とんぶり)、C(ランプフィッシュの卵)の3つの中から高級キャビアを当てます。ちなみにアカン食材(B:とんぶり)を選ぶと、2階級下げられてしまいます!

でも、この二人は難なく、A(高級キャビア)を一発で当てます!高級キャビア以外は生臭かったり、全くの別物だったりするそうで「簡単」だったそうです!多分・・一般人には区別付かないと思いますが・・

チェック4「三重奏」

総額39億円のバイオリンの三重奏と、総額80万円の初心者用バイオリンの三重奏をYOSHIKIが鑑定。GACKTから「これで間違ったらX-JAPANをやめたほうがいい!」とプレッシャーをかけられます。いきなり、進退をつきつけられるYOSHIKI!

いざ、フタを開けてみれば難なく正解!ちなみに、共演者のDAIGOは間違えてしまい、GACKTから「ミュージシャンやめろ」とキツイ一言を言われてました!

チェック5「盆栽」

1億円の盆栽と和菓子で作った盆栽をGACKTが鑑定。和菓子といっても、一流の職人が1ヶ月かけて完成した作品なので、本物とほとんど区別がつきません!

GACKTが唯一、苦手とするのが「盆栽」のジャンルです。鑑定中、サングラスを取り、初めて真剣な顔で鑑定していました!(ちょっと怖い!)

結果は・・・悩みながらも正解!クリアーです!

スポンサーリンク

チェック6「牛肉」

いよいよ最後の「牛肉」チェックをYOSHIKIが鑑定。牛肉は自信ない」と言っていましたが、難なく正解!グレードの安い肉は普段食べないそうなので、慣れ親しんでいる味=高級品ということなのでしょう。さすがYOSHIKI様!

鑑定中のYOSHIKIのマスクが可愛い!

◆YOSHIKIのお茶目な一面!

番組の中でGACKT専用部屋で待機中、YOSHIKIはずーーとお菓子を食べ続けていました!なんだかイメージと違って可愛くてお茶目です。GACKTもあきれて笑い出してしまうくらい、常に口をモグモグしてましたね!

ちなみに、食べまくっていたおせんべいは「銀座 あけぼの」の商品だとか!すごく気に入ってましたね~

「味覚」チェックのキャビアを食べた後も、「もっと食べたかったねー」とGACKTに話しかけていました。お腹空いていたそうですが、勝負の最中に緊張感なさすぎです(笑)

◆まとめ

GACKT&YOSHIKIチームは最強でした!GACKTは怒涛の個人54連勝を達成し、X JAPAN・YOSHIKIと組んだペア戦でも全勝を果たしました。

YOSHIKIは途中、迷う素振りもみせましたが、全体的には余裕が漂っていました。今後、GACKTに加えて、YOSHIKIの連勝記録にも注目が集まりそうですね!

GACKTと共にぜひ番組を盛り上げていってほしいです♪

スポンサーリンク

<関連リンク>

芸能人格付け ガクトの相方はヨシキ!

格付け55連勝のガクト、参入した仮想通貨事業とは?