阿部寛の主演映画『テルマエ・ロマエ』が、2018年1月13日(土)21:00~23:10にフジテレビで放送されます。

原作はヤマザキマリの漫画「テルマエ・ロマエ」。古代ローマ帝国の浴場設計技師ルシウスが、現代の日本の銭湯へタイムスリップを繰り返し、故郷ローマで浴場技師としての名声を獲得していくというあらすじです。

映画は2012年公開され、興行収入59.8億円を記録。この作品で、阿部寛は『第36回日本アカデミー賞』最優秀主演男優賞を受賞しました。2014年には劇場版第2作も公開されています。

コミック原作の実写化で一番成功した作品といえるでしょうね!この記事では、まだテルマエを見ていない人にも興味を持ってもらうように、作品の概要をご紹介したいと思います。♪

とってもシンプルなストーリですが、笑いあり、感動ありの2時間で、観て絶対に損はありません!

スポンサーリンク

作品情報

監督:武内英樹
脚本:武藤将吾
原作:ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ』(エンターブレイン)
ここから試し読みできます!マンガと比較してみるの楽しいですよ♪

主なキャスト

ルシウス ー阿部寛 古代ローマ帝国の浴場設計技師

山越真実 ー上戸彩 普段は派遣社員として働く漫画家志望。ルシウスが銭湯で倒れた姿をスケッチした。

ハドリアヌス – 市村正親 第14代ローマ皇帝

ケイオニウス – 北村一輝 次期皇帝候補

アントニヌス – 宍戸開 次期皇帝候補

男性人、みんな顔が濃いですね!!!

スポンサーリンク

みどころ

古代ローマ時代の浴場と、現代日本の風呂をテーマとしたコメディです。入浴文化をテーマに、現代日本にタイムスリップした古代ローマ人の浴場設計技師ルシウスが、日本の風呂文化にカルチャーショックを受け、大真面目なリアクションをおこすところがメチャ、面白いです。

ルシウス役の阿部寛さんが真面目な顔をすればするほど、おかしさがこみ上げてきます!もう、ローマ人にしか見えません。いまだかつて、「お風呂」をメインにした映画が存在したでしょうか?

日本人の事を「ひらたい顔族」と表現するところも笑えます!

銭湯で出会ったひらたい顔族の一人!

GYAOで無料視聴可能

テルマエロマエを見れない人、見逃した人はGYAO!(ギャオ)にて無料視聴可能です!ぜひご覧ください。※会員登録は不要です。

テルマエ・ロマエ無料視聴

なお、『テルマエ・ロマエⅡ』という続編もあります!こちらはフジテレビの動画配信サービス(FOD)から購入できます♪ 作品を気に入った人は、IIも面白いのでぜひに!

FODへジャンプ

まとめ

寒い時期、温泉風景を見ているだけでもほっこり温かくなりますよ。テルマエ・ロマエを見終わった後は、笑いのデトックス効果か、なぜか元気がでてくるんですよね!

スポンサーリンク