mike-nekoのブログ

~グルメやイベントやTV番組など、さまざまな情報を発信するブログです~

映画

スタートレックBEYONDを観てきました

投稿日:2016年12月1日 更新日:

先月、スタートレックBEYONDを観にいきました。
シリーズ1「スタートレック(2009年公開)」、シリーズ2「スタートレック イントゥ・ダークネス
(2013年公開)」に続く、シリーズ3作目となります。

監督はジャスティン・リン。ワイルドスピードの監督として有名ですね。宇宙の話にもかかわらず
映画の中にカーアクションシーンがあるのが特徴てきです。

1作目、2作目の監督だったJ・J・エイブラムスは製作担当となっていて、スタートレックBEYONDが
前作とまったく違う印象なのは監督が違ったからなのですね。

劇場は、2010年3月にオープンしたTOCみなとみらいの6F(横浜ブルグ13)のIMAX3Dシアターで
観ました。

IMAX初体験でしたが、宇宙空間など奥行きと広がりのある映像にはものすごく効果があります。
スクリーンのサイズが大きくて映画の世界に完全に入り込んでしまいそうな迫力です。

ただ、3DIMAXの場合、通常の3Dメガネは使えず100円プラスで買わなければなりません。
IMAXは一般2300円とかなり高いと思いますが、それでもオススメです。迫力が断然、違います。

あらすじ

エンタープライズ号の人類初の5年間の調査旅行も半ばをすぎて、船長のカークは、クルーの
終わりのない深宇宙探査に従事する日々に疑念を抱きます。

ある日、食料補給に立ち寄った最新鋭宇宙基地ヨークタウンで、異性人女性の乗る救命ボッドが
流れ着きます。女性からの星雲の向こうのアルミタッドに不時着している仲間を助けてほしいとの
要請に応え、エンタープライズ号が救出に向かいます。

しかし到着してすぐに、エンタープライズ号は蜂のような軍団(異星人クラール)に襲われて
故障し地上へ墜落してしまいます。

惑星に取り残されたカーク船長達は、クラールの攻撃から生き延びたジャイラと協力することに
なります。そして、クラールの陰謀の阻止に向けて、限界を超えた激しい戦いが始まります。

まさにスタートレックの王道を行くストーリーで、キャスト陣も世界観にぴったりです。
主要キャストは前作と同じで親近感を持ちます。

<主要キャスト>

カーク役= クリス・パイン
スポック役=ザカリー・クイント
ウフーラ役=ゾーイ・サルダナ
スコッティ役=サイモン・ペッグ
ボーンズ役=カール・アーバン

感想

映画を観て面白かった点とここがちょっと残念!という点でを書き出してみました。
(あくまでも私見ですが)

(よかった点)
・映像の美しさ、迫力、スピードはすばらしい!観ているだけで圧倒される。
・シリーズおなじみのキャストたちが、キャラクターにピッタリ合ってはまっている。
・エンタープライズの中、惑星の上でのアクションシーンが一級品。アクションものとしても十分楽しめる。
・宇宙基地ヨークタウンが魅力的。さまざまな人種や異星人が平和に共存する巨大都市は宇宙に浮かぶユートピア。

(ちょっと残念な点)
・悪役の魅力が乏しい。ダークサイドに落ちた経緯が、”えっ、こんなことで?”と思ってしまう。
・敵を撃退する方法にもうひとひねりが欲しい。。
・戦う過程で多くの人が犠牲になったが軽く扱われている。
・物語全体があっさりしている。

まとめると、美しく迫力のある画像はすごいのですが、ストーリ自体はひねりがなくあっさりして
物足りないた印象でした。

でも、エンターテイメントとしてはとても楽しめる作品だと思います。次作にも期待したいです。

-映画


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした

プロフィール

三浦半島在住の主婦のmike-nekoです。
趣味は酒蔵めぐりとB級グルメの食べ歩きとハイキングです。
三浦半島の観光・イベント情報や見学会、TV情報など様々な情報を発信しています。