mike-nekoのブログ

~グルメやイベントやTV番組など、さまざまな情報を発信するブログです~

観光

富岡製糸場を見学してきました。

投稿日:2016年12月4日 更新日:

富岡製糸場を見学してきました。

先日、富岡製糸場を見学しに行ってきました。以前から興味があったものの、
世界遺産登録後の混雑ぶりをTVで見て、腰がひけていました。

あれから2年経過しているし、今だったら大丈夫かもしれないと、思い切って
夫と二人で行ってみることに。万が一を考え、混雑しそうな土日は避け平日の
早朝5:00に自宅を出発しました。

早めに出発したのが功を奏して、上信越道から富岡駅まで渋滞に巻き込まれることなく
AM 8:30に到着。上信電鉄富岡駅そばの駐車場にとめて、富岡製糸場まで20分ほど
歩いていくことにしました。

開場時間の9:00ぴったりに富岡製糸場に到着。まず、赤レンガ造りの東置繭所
(ひがしおきまゆじょ)が目に入ります。青空に赤レンガが映えてとても風情があります。

この赤レンガは低温で焼いているため、薄いオレンジ色をしています。その当時、高温で焼く
技術がなかったそうですが、むしろおしゃれでモダンな感じがします。
横浜の赤レンガ倉庫とは違ったおもむきです。

入場料(千円)を払いいざ中へ。さすがに混雑はしていませんがすでに20人~30人
の団体が到着していました。早く来て良かった~

初めての見学のためしっかり解説を聞きたいと思い、ガイドツアー(有料1回200円)に
申し込みました。

ガイドさんは真っ黒に日焼けした、地元のボランティアをしている年配の男性でした。
富岡の地元愛が感じられる熱の入った解説が聞けて、このガイドツアーは思った以上に
楽しかったです。

まずは総糸所(そうしじょ)を見学しました。長さ140mにも及ぶ、繭から生糸を取る作業が
行われていた場所です。朝イチだったため、誰もいない総糸所の様子を写真に撮ることができました。

ガイドツアーの初回だったため、建物の中には誰も人がいませんでした。
ガイドさんいわく人がいないのはすごく貴重とのこと、思わず写真を取りまくりました。

総糸所は、明治の創業当時、フランス式の操糸器が300釜設置された世界最大規模の製糸工場だったそうです。
建物は「トラス構造」という従来の日本にない建築工法が使われ、中央に柱のない広い空間が広がっています。

さらに、自然光を取り入れるためにたくさんのガラス窓や、屋根の上に蒸気抜きの屋根が
取り入れられています。国の威信をかけて生糸の生産に力を入れた気合を感じます。
一大国家プロジェクトですね。

なお、現在は、昭和41年以降に設置された自動操糸機が保存されています。
でも、創業当時の操糸機も見たかったなーと思うとちょっと残念です。

次に女工館に移動。明治6年に建設された当時の状態のまま保存されています。
糸とりの技術を教えるために雇われたフランス人女性教師の住居としてここで様々な技術を
教えていたそうです。ベランダの天井が格子状の板で組まれ、当時の日本建築にはない特徴が見られます。

そばには、診療所と病室も完備されています。女工さんが体調不良のとき、すぐに治療できる体制に
していたそうです。その当時としては本当に進んでいますよね。

さらに、女工さんには必ず休憩時間をとらせて1日8時間労働を守っています。「女工哀史」という
暗いイメージとはかけ離れていることに驚きです。ブラック企業とは正反対ってことですよね。
本当、見習うべし!です。

最後に、国宝「西置繭所」の保存修理工場施設を見に行きました。平成27年から保存修理を
行っており、+200円で見学できます。この時期しか見ることができない屋根の葺き替えの
現場が確認できます。
こういう遺産にこそ国が支援して後の世に残してほしいものですね!

そういえば、ガイドさんが「帰るときに後ろをふりかえって、正面の東置繭所の屋根の避雷針を
見てくださいね」と言ってたことを思い出しました。

ふりかえって目を凝らして屋根のあたりを観てみると・・・・ありました!
かわいいハート型の避雷針です。ハート型の先がくるっと内側にまいています。
ほんと、おしゃれですね~

富岡製糸場は、日本の歴史について建物を通して体感できる奥深い場所でした。
思った以上に面白かったです。一見の価値ありです!

-観光

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

これぞ絶景、今が見ごろ!三浦海岸河津桜を見に行こう。

こんにちは。mike-nekoです。 河津桜は伊豆が有名ですが、実は三浦海岸でも楽しめることはご存知でしょうか? 東京から電車で約60分、三浦海岸の河津桜は2月の今がちょうど見ごろです。なお、東京から …

第42回 金沢八景(海の公園)金沢花火大会のレポート

出典元:横浜市金沢区 旧盆が過ぎた夏の終わりに開催される金沢花火大会に行ってきました。 今回はこの花火大会の様子をレポートします。 ここの花火の一番の魅力は、涼しい砂浜に寝転びながら頭上で炸裂する花火 …

今週末、三浦海岸桜まつり2017に参加してひと足先に春を感じよう♪

こんにちは。mike-nekoです。 寒い日が続きますね! どこよりも早く咲く桜、「河津桜」をご存知でしょうか? 河津桜は2月上旬から3月に咲く早咲きの桜です。この時期に合わせて毎年、三浦海岸駅で河津 …

no image

餃子、大谷石資料館(栃木県日帰り旅行)

栃木県に夫と二人で日帰り旅行してきました。 ある番組で紹介された宇都宮餃子があまりにも美味しそうで、 誘惑に勝てず、早速食べに行くことに。 自宅の三浦半島から栃木県までは片道およそ3時間。交通渋滞に巻 …

まだまだ梅を楽しめる! 田浦梅の里 アクセス方法 園内紹介 2017年3月6日開花情報

こんにちは。mike-nekoです。 横須賀市には、梅林から海を見渡せる絶景スポット「田浦梅の里という梅の名所」があります。もし、3月に入り「梅を見そびれてしまった」という人がいれば、まだまだ楽しめま …

人気記事ランキング

まだデータがありません。

プロフィール

こんにちは。mike-nekoです。
会社勤めしている40代の主婦です。
東京都出身、現在は横浜市に在住しています。

趣味は酒蔵めぐりとラーメンやB級グルメの食べ歩きです。
ニックネーム「mike-neko」は、大好きな実家の猫が三毛だった
ことに由来しています。

性格はのんびりマイペースです。ブログで楽しい場所やおいしい
お店なお紹介し、みなさんのお役に立てたらうれしいです。