1月22日放送のしゃべくり007【世界の渡辺直美SP!海外セレブ絶賛の嵐ナオミ新ダンス初披露】が放送されます。

渡辺直美さんといえば、去年の紅白歌合戦の『紅白 HALFTIME SHOW』に出演し、ビヨンセになりきり“エア熱唱”やAIとともに“初”歌唱が話題になりました。。そして、紅白楽屋裏トークでは、面白トークを展開し、出場者の人たちの笑いを誘っていました。

台湾での主演ドラマが高視聴率、ワシントンポストが取材に来るなど、今、ノリにのっている渡辺直美さん!

そんな彼女が、海外進出の裏側や2018年のトレンド解説、そして評判の高い新ダンスを初披露してくれます!

この記事では、そんな渡辺直美さんのプロフィールにフォーカスしてみました♪

<予告動画>

スポンサーリンク

番組概要

放送時間:2018年1月22日(月) 22時00分~23時00分

MC:ネプチューン、くりぃむしちゅー、チュートリアル
ゲスト:渡辺直美

渡辺直美さんのプロフィール

本名:渡辺直美
生年月日: 1987年10月23日(30歳)
出身地:茨城県
血液型:A型
身長:157cm
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー

台湾人とのハーフ!日本語を話せなかった!?

渡辺直美さんは、実は日本人と台湾人のハーフです。日本語を話せないお母さんに育てられた影響で、18歳で芸能界デビューしも3年はほとんどしゃべれなかったそうです!
芸人なのにしゃべりができないって致命的ですよね。。

そんなピンチを芸人仲間のアドバイスに助けられながら、しゃべりも上達しし、ビヨンセなど海外タレントのモノマネといった独自のジャンルを作り上げました。

高校に行かずにアルバイトに明け暮れた苦労人

子供の頃からの芸人になる夢をかなえるために、高校は行かずにファミレスで1日8時間のアルバイトをしてお金を貯めたという経歴の持ち主。そして、吉本総合芸能学院(NSC)に合格します。日本語もよく分からない中、すごいパワーですよね!18歳でデビュー後、「笑っていいとも!」のアシスタント「いいとも少女隊」の一員となって次第に名前が知られるように。

その後、海外タレントのビヨンセのモノマネで人気者になっていきます。

日本語の壁を克服したきっかけ

知名度は上がっても、日本語が苦手な状態は相変わらずでした。ある番組で次のように語っています。

「自己紹介お願いします、と言われた時に急に片言になっちゃうんですよ。あんまり日本語とか得意じゃなくて、掛け合いなんかできないんですよ。いまだにそれができてないんですけど、(デビューして)最初の2、3年、ほぼしゃべってないんですよ」

大喜利のお題が理解できず、「芸人なんてもう無理だよ」と挫折しそうになったそうです。

そんな渡辺さんを救うきっかけになったのがお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦さんからのアドバイス。

「うまくしゃべれなくても、言葉を使わなくてもお笑いはできる、お前の数ある長所を、誰も出来ないくらい伸ばせ」

この言葉がきっかけで表現力を最大の武器にすることに!。2014年5月に3か月間の休養期間中にニューヨークにダンスやショーの腕を磨きます。この勉強の下地があってこそ、あの見事なビヨンセのものまねが生まれたのですね!

自分の武器を見極めて弱点をカバーしていく、強い意志と知性を併せ持った人ですね!オリラジの中田さんも、こういう彼女の能力に気づいていたのでしょう!

インスタグラムのフォロワー数がすごいことに!

なんと、フォロワー数は350万人以上!。すごいですね!その人気の理由と思われる点を挙げてみました!

・自らプロデュースするファションブランド『PUNYUS(プニュズ)』の撮影ワンシーンなど、インスタ映えするアングルなどにこだわっている。とにかくオシャレ!
海外の話題のアプリで斬新な動画を投稿、流行をいち早く取り入れています。
人気芸人や新作ものまね、新CMの動画などがアップされ、ともかく楽しい!

渡辺直美インスタグラム

スポンサーリンク

渡辺直美ユニークな動画集

ビヨンセをはじめとした、過去のユニークな動画を紹介します。今や、ビヨンセ、レディーガガの名前を聞くと、渡辺直美の踊りを思い出す、そんな逆転現象も生まれているのではないでしょうか??

ビヨンセ


レディーガガ

セクシーダンス

 

まとめ

台湾人と日本人とのハーフだった渡辺直美さん。日本語の壁を乗り越えた今、芸人さんの中でも異色の輝きを放っています!オシャレで面白くてかわいい彼女をこれからもぜひ、応援していきたいと思います。今夜のしゃべくり、期待大ですね!

スポンサーリンク