2018年1月24日(水)午後7時30分のためしてガッテンは「アナタの知らない万能調味料!“赤みそ”真の実力」です。赤みそって、冷蔵庫の中に常備していないお家が多いのじゃないでしょうか?。味が濃いから苦手、と思っている人も多いようです。どちらかといえば避けられてきた赤みそ。

番組では今まで知らなかった調味料としての実力を見せてくれます!

この記事では、みその種類や効能、ためしてガッテンの予告動画に出てきた味噌屋さんの情報をご紹介します。

番組放送後の「ガッテン 赤みそ(豆みそ)の3つの真実 超おすすめレシピ」を掲載しました。

スポンサーリンク

みその種類

味噌には大きく分けて赤みそと白みその種類があります。

赤みそ

強く蒸した大豆を多く使い、長期間、高温で熟成させると色が濃くなり赤味噌になります。熟成期間の長い赤味噌は保存のため塩分濃度が高い傾向ですが、高温で超短期間に熟成を終える赤味噌の「江戸甘味噌」は、逆に塩分濃度が低く甘い状態となります。
赤味噌は、東北地域(米みそ)・中京地域(豆みそ)を中心に作られています。、黒い八丁味噌も含め赤味噌と呼び、その味噌汁を赤だしと呼ばれています。

赤みその中でも黒いみそといえば、愛知県の「八丁味噌」が有名ですよね♪

白みそ

茹でて糖分やタンパク質を流し出した大豆を、精白した米や着色の進まない系統の麹を多くあわせ、短期間熟成させたものが白味噌です。白味噌は熟成期間が短いので色が白く材料の麦などの粒子が残るものもあります。塩分濃度が低く麹の糖分により甘い傾向です。

白みそは、石狩鍋や西京漬け、お雑煮のイメージがありますね。

スポンサーリンク

みその効能

みそは、塩分が高くて高血圧の人にとっては致命的、健康に悪い食べ物というイメージがありませんか?。でも、反面「発酵食品は健康に良い」とも言われます。

じゃあ、結局どっちなの?ということで、味噌の栄養素について調べてみました。

味噌の原料である大豆には、以下のような栄養素が含まれています。

  • 女性ホルモン「エストロゲン」に似た作用と「抗酸化作用」、この2つのを併せ持つ、イソフラボンがタップリ。
  • 生命維持必要な必須アミノ酸
  • 血管の拡張を助け血圧を下げるコリン
  • 若返りの栄養素であるレシチン
  • 血圧の上昇を抑えるカリウム

こうしてみると、高血圧のリスクを避け、老化防止、若返りを促進するという、いいことづくめの食品ですね!。若返りを促進するなんて、女性にはうれしい限りです♪

では、気になる塩分はどうでしょう?以下は味噌汁1杯のカロリー表です。

エネルギー タンパク質 脂質 炭水化物 塩分
27kcal 2g 0.7g 3.3g 1.6g

健康な成人の1日の塩分摂取量は、男性8g未満、女性7.0g未満といわれています。味噌汁1杯の塩分量が1.6gなので、全体の塩分量を考慮しても一日1杯は問題ない分量ですね。

なお、最近は減塩みそも販売されています。高血圧の方も減塩のみそに入れる具を工夫して、さらにヘルシーな一品にすることもできます♪

番組に出てくるみそ屋情報 ~桝塚味噌~

愛知県 八丁味噌の蔵元、桝塚味噌やさんが登場します。

桝塚味噌は、創業昭和3年、愛知県豊田市に店舗を構えています。ここの味噌の特徴は、頑固なまでの手作りと原材料へのこだわりにあります。

<主な特徴>
・昔ながらの杉、桧の木桶約400本の味噌樽で作っている。
(味噌蔵は、軍の岡崎飛行場の格納庫であった建物を改装したもの)
すべて天然醸造。人工的に温度を調節して麹の働きを活発にし、短期間に味噌を作りあげる速醸法熱とは違い、コク、香り、旨みが格段に強い。

商品を見ると、お値段は少々高めですが、味も香りもなにもかも、普段スーパーで購入しているお味噌とは別格だと思います!

商品一覧のページへ

また、手作り味噌の体験教室を開いています。→詳しくはこちらをクリック

個人的にはぜひ、お味噌作りを体験してみたいものです!味噌蔵の中で体験できるなんて贅沢ですよね!

味噌は「作る」のではなく「育てる」ものだそうです。この言葉から味噌への愛情の深さがわかりますね。

<お店情報>
住所:〒470-1213 愛知県豊田市桝塚西町南山6
Google Map
お店HP:桝塚味噌

まとめ

お米の消費量減少とともに、お味噌汁の消費量も減少の一途をたどっているそうです。健康や美容に効果があるこの発酵食品を、食べない手はありませんね!
番組で紹介される赤みそのウラ技を参考に、我が家の冷蔵庫に常備します♪

スポンサーリンク

<関連リンク>

ガッテン 赤みそ(豆みそ)の3つの真実 超おすすめレシピ 1/24 NHK

ガッテン NHK 再放送 ジャム 作ってみた 短時間レシピの紹介も!