画像出典:http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20180131/index.html

2018年1月31日(水)午後7時30分のためしてガッテンは「食べてないのに突然発症!?食物アレルギーの新常識」が放送されました。

誰もが突然発症する可能性があるアレルギー!。番組で放送された内容をまとめました。なお、2018年2月3日(土)午前0時10分に再放送されます。見逃した方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

ガッテン 番組概要

放送日時:2018年1月31日(水曜日)19:30~
放送局:NHK総合
司会:立川志の輔、小野文惠(アナウンサー)
ナレーター :山寺宏一
スタジオゲスト:指原莉乃、笑福亭笑瓶、坂下千里子

今日のガッテンをまとめると!

  • 大人になってから突然アレルギーが発症した場合、食べ物を「肌で触りすぎる」ことが
    大きな原因の一つだった。
  • 炎症のある肌や肌荒れ湿疹ができたところで食物に触ると、アレルギー反応が発生する。
  • 原因物質と同じ成分を持つ物質にも反応してしまうことがある。
  • 新たな子供のアレルギー対策として「経口負荷試験」がある。アレルギー原因の物質を少量ずつ食べ、症状のチェックをしながら食べられる量を増やしていく。

肌で触りすぎで発生した症例

アレルギーはなんと、27品目もあるのです!。好きなものが食べられないのはなんとも辛く切ないものですね。自分はサバに反応したことがあります!

番組では大人になってから急に発症した4つの事例を紹介。どれも他人事ではない事例ばかりで怖くなりますね。特に女性は気をつけなきゃなりませんね。!

ピーナッツアレルギー

イギリスで、ピーナッツアレルギーの子供が急激に増えた時期がありました。専門家が調べたところ、91%の子供がピーナッツオイル入りの保湿クリームを使っていたことが判明。保湿クリームの中に精製しきれず残ったピーナッツ成分にアレルギー反応を示していたことが原因でした。

はちみつアレルギー

普段からはちみつを保湿代わりに肌につけるクリームに入れていた主婦がアレルギーを発症!。ピーナッツアレルギーと同様に、肌に入ったはちみつに反応したことが原因でした。

にんじんアレルギー

主婦がにんじんを調理していたらアレルギーが発症!。手荒れをおこしていたところから反応したことが原因でした。

魚アレルギー

ある調理師の男性が魚を口にした途端、喉がかゆくなり、最後には意識不明で倒れてしまいます。毎日、魚を触っていたことが原因でした。

なお、重度の肌荒れ(湿疹)と食物アレルギーの関係を調べると、主婦は7%、調理師に至っては32%の人が発生していました。

食物アレルギーを引き起こすメカニズム

次のメカニズムでアレルギーが発生します。

  1. 皮膚の下の「樹状細胞」が活性化し、皮膚表面の原因物質を取り込む。
  2. 樹状細胞」は取り込んだ原因物質を、リンパ球と呼ばれる細胞の一種である「T細胞」という免疫細胞へ報告する。
  3. T細胞」が報告された異物を敵だと認識し、体中に攻撃用の細胞を増やすことでアレルギー反応が発生する。

<樹状細胞が活性化する理由>

炎症のある部分や肌荒れ、湿疹が出ているようなところで食品に触ると樹状細胞が活性化することが明らかになりました。

 

食物アレルギーの治療方法

触りすぎで発症したアレルギーの場合、皮膚科で肌荒れ、炎症、湿疹をきちんと治療したり、しばらく触らないことで改善するケースがあります。ただし、個人差や別の原因の可能性もあるので、この方法で必ず直るわけではありません。

~食品入りの化粧品や石鹸は一切使わないほうがよいか?~

では、「お茶やはちみつ、牛乳などが入った食品入りの化粧品や石鹸は一切使わないほうがよい?」という疑問が沸きますが、これらの商品の多くはアレルギーが出ないように安全な製造方法で作っています。

むしろ、事例で紹介された主婦の方のように、手作りのクリームや化粧水、きゅうりパックなど自己流の美容法がNGなのです!

食物アレルギーの落とし穴

他にも、原因物質と同じ成分を持つ物質にも反応してしまうという落とし穴があることが紹介されました。意外すぎて本当にびっくりしますね!

ペットを飼っている人
ペットから人に寄生したマダニの唾液と牛肉に含まれる成分が同じであることから、肉アレルギーを発症。

医療従事者
天然ゴムをつけていたことから、天然ゴムの成分(ラテックス)と共通の物質を持つ栗、バナナ、アボガドに反応。

花粉症の人
花粉症(シラカバ、ハンノキ)の人が、リンゴ、キウイ、桃に反応。

サーファー
くらげに反応する人が納豆のねばねば成分に反応。

スポンサーリンク

子供の食物アレルギー対策

最近の食物アレルギーの対策として、「安全量の範囲で食べましょう」という指導が普通になってきているそうです。

そこで、「経口負荷試験」という、原因物質を少しずつ体内に摂取し、病院に待機しながら症状についてチェックする試験が行われています。

たとえば、牛乳アレルギーの場合、ごく少量から飲んでみて、時間(2時間ほど)がたって問題なければ前回よりも少し量を増やしながら安全な量を細かくチェックする検査をします。

「原因物質を排除すればするほどアレルギーは治りにくくなる」という点から、このような負荷試験が実施するようになりましたが、アレルギー発症のリスクも伴います。

自分の判断だけで開始せず、必ず専門医に相談の上、指導を受けることが重要です!

ガッテン 食物アレルギーを見た人からの反響!

賛否両論、さまざまな反応がたくさんツイートされています。アレルギーは全世代共通の悩みや苦しみですよね。ツイートに書かれているとおり、「経口負荷試験」を見て”食べれば治る”と安易に考えるのは危険です!
番組でも紹介されたとおり、実際にアレルギー治療の最中に障害を発生した例もあります。専門医に相談し、その人にあった治療法をきちんと指導してもらうことが重要だと思います。


まとめ

「触りすぎる」ことでもアレルギーを発生するとは思いもよりませんでした!。日常生活で思い当たる点がないか検証し、できるだけ予防するなどしていきたいですね。

そして、発症した場合は、すみやかに治療法を専門医に相談することが重要です。

スポンサーリンク