2018年1月30日(火)20時57分放送のマツコの知らない世界は「日本茶の世界」、800年以上の歴史の中で、「日本茶」は過去最大のブームが到来しているそうです!

番組では茶師十段位の資格を持つ「小林裕」さんが、オススメする日本茶・抹茶4選や日本全国の茶師が集う大会内容や、古来から伝わる「茶かぶき」というお茶あてゲームなど、お茶のコアな世界を紹介してくれました。

この記事では、番組のまとめとオススメのお茶&感想をご紹介します♪

「日本茶の世界」の「番組まとめ&感想」の記事はこちらへ!

スポンサーリンク

番組で紹介された日本茶4選

『玉露』ぎょくろ(祥玉園)

玉露は100gで6,000円します。かなりなお値段ですね!。使用しているのは農林水産大臣賞、産地賞を受賞した京田辺産の玉露。抹茶と同様に栽培され、摘まれた新芽は蒸した後、揉みながら乾燥させます。深い甘みとコクが特徴です。

玉露の注文はこちら

玉露のおいしい入れ方

玉露って入れるのかなり難しくありませんか?。自分はおいしく入れることができた試しがないです!。うれしいことに小林さんが玉露のおいしい入れ方を披露してくれました!

1.茶葉はケチらずたくさん入れる。
画像の半分くらいの量しか入れてませんでした!

2.お湯は50度
かなり低い温度でOK。

3.蒸らし時間は数秒
自分はこの蒸らし時間で失敗していたようです。間違って30秒くらい待ってからいれてしまい、渋みが出ちゃってました!

『鶴雲』かくうん(祥玉園)

雑味を極限まで失くした究極の抹茶です。鶴雲は40gで3000円、かなりな高級ですが、値段が高いのも納得の驚きのこだわりがあります!

抹茶の製法は、詰まれた新芽を蒸した後に揉まずに乾燥し、石臼で挽きます。抹茶は挽きたてが一番、味と色と香りが引き立つことから、なんと、客の注文が入ってから石臼で挽く「注文挽き」で出荷しているのです!。

鶴雲の注文はこちら

ちなみに抹茶は、煎茶と全く異なる茶葉「碾茶」を使います。碾茶は通常の3倍の肥料を使って大きく育て、日光を遮ることで、甘みを増し、見た目が美しい鮮やかな青色になります。これだけ手間ヒマかけていると思うと本当に貴重です!

『玉碾』ぎょくてん(祥玉園)

なんと、玉碾は、伊勢志摩サミットのワーキングランチで提供されたお茶なのです!

京の高級茶「玉碾」がワーキングランチに

宇治茶の中でも最高級の品質を誇る京都京田辺産の玉露と碾茶(抹茶の原料、揉む工程のないお茶)を4種ブレンドした新商品です。香りが良く甘みがあるのが特徴です。

番組ではロックにして試飲していました。1kg58万円とはびっくりです!

これは祥玉園のHPでは販売されておらず、大阪マリオネット都ホテルのオンラインショップでのみ通販購入可能です。しかし、価格が30gで6,000円するんですよね。。これも超高級品!!

玉碾の注文はこちら

ちなみに、大阪マリオネット都ホテル内の19Fラウンジで、玉碾をお茶と味わうことができます。1800円と、ちょっとお高いですが、貴重なお茶を味わえると思えば安いかもしれませんね!

八媛みどり奥八女の薫(古賀製茶本舗)

鹿児島県の八女茶はアミノ酸を含んだ甘みの多いお茶です。鹿児島特有の寒暖さが大きく湿度が高い土壌が、おいしい八女茶を生む土壌になっているそうです。

茶葉が細かいのも特徴のひとつです!

八媛みどり奥八女の薫の注文はこちらから

ちなみに、古賀製茶本舗は、小林裕さんが若かりし頃に丁稚奉公にいっていたお店です。なんでも20代のころは頭を金髪にしてセフィーロでこの店に通っていたというのだから驚きですね(笑)!

スポンサーリンク

日本茶会のM1グランプリ! 全国茶審査技術競技大会

茶師とは茶葉の選定と調合をする人のことをさします。茶師で上位の段位を取るには「全国茶審査技術競技大会」で上位入賞しなければいけません。

番組で初公開された茶師全国大会の実態です!

年齢制限もあるし、相当厳しい大会ですね!しかも試験内容が難易度高!なのです。

・全国のお茶産地(過去記事参照)の中から10産地のお茶を、
お茶の葉の形や香りだけで判別し飲まずに答えます。

・次に、茶碗の中の茶の葉に熱湯を注ぎ、水色(すいしょく)、香り、葉の形から、
「やぶきた」「おくひかり」「ゆたかみどり」等の品種を答えます。

・さらに、茶を飲んで産地を答える競技もあります。5種類のお茶が出題され、
4回競技をおこない、総合点で争います。

参考:お茶のオリンピック? 「全国茶審査技術競技大会」

茶かぶきとは?

「茶かぶき」とは、名を伏せていれたお茶の種類や産地を当てるお茶の飲み当て遊びのことです。「茶歌舞伎」「茶香服」という字も当て別名「闘茶」ともいわれています。
「茶かぶき」は南北朝から室町時代中期にかけて、武家や公家・僧侶の間で流行します。だんだんと勝負に豪華な賞品やお金が賭けられるようになり、中には全財産失う人も出てくるほどに!

現在は玉露や煎茶を用いた「闘茶会」「茶かぶき」が各地の茶の行事のイベントなどで開かれている。

マツコさん、茶かぶきに挑戦!

マツコさんが茶かぶきに挑戦しました!。3つの品種「ほうしゅん」「ごこう」「さみどり」の匂いと味を確かめて、その品種を当てます。

まず、片手で握れるくらいの少量を手にとります。

鼻を茶葉におしつけて深呼吸し、匂いを嗅ぎます。マツコさんの鼻にお茶がくっついちゃったのが面白かったです♪

なお、実際の協議会で匂いを嗅ぐ時は、1つの茶葉を複数人が使いまわすので、最後のほうの人は葉がべちゃべちゃになってしまうそうです!うわー。

さて、結果は・・・・

↓↓↓

残念ながら、1品目以外は外れでした~。でも、外れた2品目はかなり迷ったらしいです!小林裕さんにもそのセンスを褒められていました。

小林裕さんオススメ! 用途別ペットボトル茶の飲み方

近年、ペットボトル茶のクオリティが驚くほど高くなっていますよね。小林さんが、ペットボトルのお茶をより美味しく飲むために、用途別の飲み分け方を教えてくれました♪。

ペットボトルのお茶を大別すると、スッキリ系とまろやか系に分かれます。

スッキリ系は夏場や食事のお供に飲むと後味さっぱりしてよいそうです。

対して、まろやか系は寒い冬場にじっくり味わうととても癒し効果があるそうです。ペットボトルのお茶をマグカップなどで温めると、まろやかさも増すかもしれませんね♪

まとめ

「日本茶の世界」は、コアなお茶情報満載でした!。小林裕さんのオススメの究極のお茶をぜひ購入して飲みたいものです!。美味しくて寿命が延びるかもしれませんね(笑)

スポンサーリンク

<関連リンク>

マツコの知らない世界 日本茶 宇治 祥玉園(しょうぎょくえん)しもきた茶苑大山 店舗紹介 1/30 TBS