梅の名所、横須賀「田浦梅の里」の梅祭りに行ってきました♪。この記事では2月11日時点の田浦梅の里の開花状況などの様子や地元名産のおみやげや食事処などのグルメ情報をご紹介します。桜のお花見も良いですが、梅の清々しい香りを楽しみながら混雑せずにゆったりとお花見できるのでオススメです♪。

この記事を見て、田浦梅林に行ってみようかなーと思ってもらえたらうれしいです。

スポンサーリンク

田浦梅の里とは

田浦梅の里(たうらうめのさと)は、神奈川県横須賀市田浦にある公園です。梅の名所として知られていて、見どころの2月上旬~ 3月中旬ころには田浦梅林祭りが開催され、毎年3万人以上の人出があります。

田浦梅林の歴史は古く、1934年(昭和9年)に皇太子(現今上天皇)の生誕を祝って地元住民が700本の梅を植えたことに始まりました。そして、現在は、なんと、約6,000平方メートルの敷地に2700本以上のウメが植えられています。

開花状況 2018年2月11日 

各スポットごとの開花状況をご紹介します。白梅は全体的にまだほとんど咲いていないところが多かったですが、東屋付近や段々畑などスポットによっては見頃を迎えている梅もあります。全山、咲きそろうのは難しいですが、それだけ長い期間楽しめますね。

東屋付近

6~7分咲きでそろそろ見ごろを迎えそうです。

<地図上の位置>

2018.2.11撮影。東屋付近

海が見渡せる広場

まだまだ咲いていないところが多かったです。

<地図上の位置>

2018.2.11撮影。頂上広場付近

展望塔付近

頂上の展望塔付近は今が満開です!。毎年、ここだけはこの時期に満開になる早咲きの梅なんですよね。今後の気温にもよりますが、あと10日もしたら散り始めるかもしれません!

<地図上の位置>

2018.2.11撮影。展望塔付近

展望塔の裏側はまだほとんど咲いていませんでした。

段々畑付近

段々畑の紅梅は見頃を迎えています!。梅の花も香りも最高でした~。うぐいすもたくさん鳴いてヒーリング効果バツグンです♪

<地図上の位置>

1本の木に白梅と紅梅が両方咲いている?と思ったら、根元で分かれていました♪

開花情報は定期的に以下サイトでも更新を行っています。チェックしてからお出かけください。

横須賀市の公園情報サイト

第63回 田浦梅林まつり情報

開催期間:2018年2月10日(土)~2018年3月11日(日)

梅林まつりでは、凧揚げ大会、生け花や俳句の展示会が行われます。

<イベント>
親子凧揚げ大会 2月11日(日)
俳句会・演芸大会 2月25日(日)
展示会(生け花、写真、俳句、和凧)

※すべて入場無料

各イベントの開催場所、時間の詳細パンフレットはこちら

さらに、期間限定で、休憩所でお茶とお菓子が無料で提供されます。お茶と一緒にたくさんの素朴なお菓子や駄菓子が用意されていてほっこりできますよ♪
お休み処の去年の様子はこちらをクリック!

<無料お休み処>
場所:田浦青少年自然の家前庭
日時:3月3日(土)・4日(日) 10:00~15:00

※各日200名まで、雨天中止

アクセス方法

駐車場はありません。以下、公共交通機関をご利用ください。

  • JR横須賀線「田浦」駅から徒歩約30分
  • 京浜急行「京急田浦」駅から京急バス「八31:安浦二丁目」行きに乗り「田浦郵便局」バス停下車し徒歩約25分

園内マップ

赤い矢印のルートが歩いた道順です。ゆっくり観察しながら歩いて約2時間の所要時間でした。

出典:https://www.cocoyoko.net/walking/yokosuka_hiking.html

スポンサーリンク

田浦 梅の里 地元グルメ情報

美味しい素朴な地元のお菓子と、ランチに立ち寄ったお店情報など、地元グルメ情報をご紹介します♪

千葉県産落花生製造販売 石井商店

毎年、立ち寄っている梅の里に行く途中の落花生のお店です♪。天日乾燥させた千葉産のピーナッツを販売しています。大粒のピーナッツをカリッと香ばしくて炒ってあり、出来立てを味わえます!スーパーで売っている商品とは別格の美味しさです!

石井商店のHPはこちら

ほとんどの商品が購入前に試食できます。黒糖ピー、落花生、落花生の甘納豆を購入しました。

落花生の甘納豆は珍しい商品ですが、試食したら落花生の風味がしっかりとして美味しかったです♪

御菓子司 ふじみや

梅の里に行く途中の商店街の中に、「佐島のへらへら団子」というのぼりにつられて立ち寄ったお店です。「ふじみや」さんは、昔ながらの古い和菓子屋さんの雰囲気が漂っています。

食べログのお店はこちら

早速、へらへら団子を購入。自宅に持ち帰ってからいただきました。中を開ける、ヨモギの香りものすごく高く、こしあんがびっしり詰まっているのに驚きました!。これで360円(税込み)って安くありませんか?

団子の形から「へらへら団子」と呼ばれているそうです。佐島の船祭りの時に奉納される伝統的な郷土菓子で、江戸時代(安政5年)から現在に至るまで受け継がれています。思いがけず、歴史あるお菓子を食べることができて大満足です♪

七海製パン所 (ナナウミセイパンショ) バンズ ナナウミ

創業65年の老舗のパン屋さんです。ここで、口コミサイトでみた「梅あんぱん」を購入し、田浦の里で食べようと思ってました。しかし!無常にもシャッターが降りている!。残念ながら訪れた日曜日が臨時休業でお休みでした。

食べログのお店はこちら ※通常の定休日は土曜日です。

梅あんぱん。食べてみたかったな~。これはリベンジせねば!

画像出典:http://blog.yokosuka-curry.com/?eid=1145926

めん処 船食

昭和8年から創業し、地元に愛されているお蕎麦屋さんです。2014年11月15日放送の「ぶらぶらサタデー」(フジテレビ)で「タカトシ温水の路線バスの旅三浦半島」で、タカさんとトシさん、タレントの温水洋一さんと竹内力さんがを訪れたことがあります。

しかし・・・こちらも定休日もなく無休なのですが、訪れた日は臨時休業でした!(泣)こちらも次回、リベンジです。

食べログのお店はこちら

本格インド料理店 ニューニサン

「めん処 船食」から20mほど離れた場所にある、ネパール系インドカレーのお店です。外食不毛地帯(笑)と言われている田浦に忽然と現れたハデな看板が目立ちます。

船食が休みだったため、飛び込みで入ったお店です。しかし、これが意外にも、すごく美味しかったのです!

ランチメニューの中から、「チキンとほうれん草のカレー (900円)」と「マトンカレー(800円)」を注文。サラダ、カレー、ナン、ライスと1ドリンクがついてきます。辛さはマイルド~大辛まで自由に選べます。ナンはうっすら塩味のさっぱり味で食べやすく、ごはんは固めでうまく炊けてました♪

そして、ナンとライスは食べ放題なのがうれしいですね♪(今回はおかわりしませんでしたが)

セットサラダ

チキンとほうれん草のカレー
チキンは柔らかく煮込んでおり、にんにくが効いてスパイシーな味

マトンカレー
マトンの臭みは一切なく、マイルドでスパイシーな味わい

なお、お店のHPに割引クーポンが提供されています。ランチタイムはデザートサービス、ディナータイムは10%OFFとなっています。お店に行く人はお忘れなく!

お店のHPはこちら(割引クーポンあり)

食べログのお店はこちら

ごはん亭

量り売りの大皿のお惣菜から、好きな惣菜を選んでオリジナルお弁当を作ることができます♪。三崎が近いのでマグロの照り焼きなどの地元のお惣菜などもあります。

ここでお弁当を作り、田浦梅の里でランチするのもオススメです♪。

食べログのお店はこちら

まとめ

田浦梅林は全体としてみると、2月11日時点ではまだまだこれからといったところです。また、2月末頃に、今回いけなかったお店のリベンジもかねて、田浦梅林に訪れようと思います。

また、新たな情報をアップし随時更新していきますね。

<おまけ>

インドカレーニューニサンの商店街にあった小さな銭湯。今じゃこんな銭湯も数少なくなりましたね♪。田浦は昭和レトロな雰囲気が味わえる町でもあります。

商店街から5~6分歩いたところにある長浦港。軍港である長浦港は、横須賀から出港している「軍港めぐり」のルートにもなっています。この日は海上自衛隊の潜水艦救難母艦「ちよだ」が停泊中でした。マニアにはたまらない場所でしょうね!。非日常な風景を味わうことができます。

スポンサーリンク

<関連リンク>

梅 お菓子 2018 ポテチ スーパー ドラッグストアで買える!

お花見 三浦市 三浦海岸 小松ケ池公園 2018 河津桜まつりレポ 開花状況 ランチ情報など