2月16日の金スマは、先週に引き続き20時00分~22時00分のスマスペシャルバージョンです!。ゲストは中居くんの旧友でもある「保阪尚希」さん。

そんな二人のプロフィールと、ユニークで驚きのエピソードを紹介します♪

スポンサーリンク

番組概要

放送時間:2018年2月16日(金) 20時00分~22時00分

MC:中居正広

パネラー:大竹しのぶ、假屋崎省吾、室井佑月

安住紳一郎(TBSアナウンサー)
山本匠晃(TBSアナウンサー)

<放送内容>
旧友の中居も驚愕…保阪尚希2000億円を転がすビジネスマンに!…商売の天才か?ペテン師か?
陸王熱演…電撃結婚話題の64歳阿川佐和。厳格な父、阿川弘之は作家。意外と知らない阿川佐和子の人生に迫る!

保阪尚希さん

プロフィール

本名: 保坂 尚希
別名義:保阪 尚輝、保坂 尚輝、尚陽
生年月日: 1967年12月11日(50歳)
出生地 :静岡県静岡市葵区
身長:180cm
血液型:A型
職業:俳優
最終学歴:明治大学付属明治高等学校

芸暦

1986年にテレビドラマ「チェッカーズ・イン・涙のリクエスト」への出演で俳優としてデビューを果たす。同年「このこ誰の子?」で注目を集めます。

1992年映画「パ★テ★オ」で日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞。その後多数のテレビドラマや映画に出演。

端正な顔立ちと高身長で、萩原聖人さんや福山雅治さんらと共に「新・平成御三家」の1人として女性から絶大な人気を得ていました。

保坂 尚希さん、今での50歳とは思えないほどかっこいいですよね!。

保阪尚希かっこいい(*´д`*) 何度も改名しとって どの漢字が正しいか知らんけどw · 全然テレビ出らんなー。 もう出らんとかなー。 出たくないとかなー。 · この人の顔、めっちゃ好きっす。 声も良い。 高校生の頃から好き。 元気にしてらっしゃるんだろうか。 きっと多分今もかっこいいオジサマなんだろなー。 · 全然関係ないけどチバさんの1こ上。 · · 最近若い俳優のゴリ押しで 30~50くらいの良い感じの渋い俳優さん あんま出らん気がする。 出らんっていうか出てるんだろうけど 何ていうか…。 そもそも今のドラマ見らんけん 知らんだけかもしらんけど。 · 同じ歳くらいの人に全く興味無いけん 全然面白くないわチキショォォォォォ(╬^∀^) · 若い流行り顔ばっか出すのってどーなん。 オッサン好きは黙れってか(泣) だから私は今日も昔のドラマを見るのさー。 #保阪尚希#保阪尚輝#保坂尚輝

えりかさん(@erika.kojilavi)がシェアした投稿 –

でも、単なるイケメンでは収まらない、複雑な人生を歩んでいる人なのです。

名前がいろいろ変わり、最終的に本名に改名していますが、この本名をつけたご両親はすでに亡くなられています。そんな保坂さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

壮絶な生い立ち

保坂さんのご両親は、保坂さんが7歳の時に自ら命を絶たっており、さらに、両親がいないことでいじめを受けたという壮絶で辛い過去を持っています。

ご両親はまだ26歳と27歳という若さでした。亡くなる数時間前まで一緒にいて祖母と寝床に入ると、目覚めた時には多数の警察官が家に駆け付けていたそうです。原因は、彼自身、知らされないままだそうです。

人生のスタートラインで、ご両親を失くしいじめまで受けるなんて想像を絶する辛さです。その後の人生に大きな影響を与えることは間違いありません。

ここまで、曲がらずに生きてこれたのは、保坂さんの強さと、彼自身が後に語った周囲の人のサポートによるものでしょうね!

高岡早紀さんとの結婚と離婚

1996年に高岡早紀さんと結婚。そのきっかけはドラマ「ひと夏のプロポーズ」で、交際4ヶ月でのスピード結婚でした。

2004年にミュージシャン・ギタリストの布袋寅泰さんとの不倫が報じられた高岡早紀さん。その際の一部始終について、保阪尚希さんが10年後のインタビューで語られています。

保阪尚希さんと高岡早紀さんの離婚原因は高岡さんの不倫のはずですが、別れを切り出したのは高岡さんの方であったといいます。

”不倫には驚きや怒りというより、落胆を感じた。”と語っています。彼女とはテレビなどでカタチだけの夫婦を演じる関係になっていたそうです。残念ながら、仮面夫婦状態になっていたのですね。

二人の子供たちの親権は保阪尚希さんが持っています。なんと「子どもの親権をあげるから離婚して」と彼女が発言したそうです。この発言には仰天しました!。

世間一般のお母さんのイメージとは程遠い、こういうところが「魔性の女」なんでしょうね。今も綺麗な方ですが、ちょっと底知れぬ怖さを感じます。

出家して仏門に入る

芸能界に入り、両親が亡くなった26、27歳を超えると、

「突っ張って生きてきたつもりでも、いろんな人に助けられてきた。1人で生きてきたんじゃない。周りの人のためになにかできるんじゃないか」

と仏門を志すようになったそうです。

「この人なら」と思える女性の僧侶に出会い、熊本の真言宗の寺で得度(僧侶になるための儀式)を行った。「仏門に入って、修行しながら子供たちの相談に乗ってあげられたら」と希望したそうです。

年商10億の通販事業を語る

2月9日に生配信されたAbemaTV『エゴサーチTV』(毎週金曜22:00~23:00)にゲスト出演し、年商10億を稼ぐという通販事業を語っています。

通販事業を始めたきっかけは「10年前、40歳を迎えて『今後なにをやろう』と考えたときに、今自分が持っている情報や経験を形にしなきゃと思った」とのこと。

最初に作った商品は“パン”でした。本当はサプリメントを売りたかったそうですが、いかがわしいと思われたくなかったので、食品の中で1番わかりやすいと思ったパンにしたそうです。

3年にわたるマーケティングの成果でそのパンも大ヒットになりました。

続いて、「お年寄りや子供のことを考えて、火は危ないなと思って電子レンジなどの調理器具も作ったら、6年前からしょっちゅう1億くらい売れてる」と語っています。驚きです。

最後に、西野さんの「お金持ちになれる秘訣は?」との質問に対して、「よく言うんだけど、お金に走ったらだめ。自分がスターになりたかったら、自分に投資するのよ」と明かしたそうです。

目先の利益に走っちゃダメってことですね。納得ですが、実行するのは難しいですね。

まとめ

ざっと振り返るだけで、普通の人の人生の何倍も濃い経験をしている保阪尚希さん。まだ、これから色々なことにチャレンジする勢いを感じます。これからの彼の活動に注目です!

スポンサーリンク