2018年3月7日(水)午後7時30分~のためしてガッテンは「巨大血栓を作らない!脳梗塞・寝たきり予防スペシャル」です。年間16万人を襲う脳梗塞。実は最近、寝たきりや死につながりやすい「重篤な脳梗塞」の割合が増えていることが増加中だそうです!今回のガッテンでは、巨大な血栓を生み出す「ある臓器」の異常にいち早く気づくための方法や、最新治療法が公開されました。

この記事では、放送後のポイントをまとめた記事をご紹介します。

スポンサーリンク

番組概要

脳の血管が詰まり、まひや言語障害を引き起こす恐ろしい病気「脳梗塞」。実は最近、寝たきりや死につながる重症化しやすいタイプの脳梗塞の割合が、徐々に増えていることがわかってきました。

原因は、「ある臓器」の異常。知らぬ間に直径数センチもの巨大血栓を作りだし、脳の太い血管を詰まらせて、深刻なダメージを与えます。しかもその異常は、自覚症状が少なく、病院で検査を受けても見つからないケースが多いと言います。

でもご安心ください。1日2回の「新習慣」で、臓器の状態をセルフチェックする方法や、異常が見つかっても、最新治療で脳梗塞を防ぐことが可能な、命を守る最新情報を大公開します!

放送日時:2018年3月7日(水)午後7時30分

再放送日時:2018年3月10日(土)午前0時10分

<出演者>
司会:
立川志の輔、小野文惠アナウンサー
ナレーター: 山寺宏一

ゲスト:
東ちづる、武田修宏、山根千佳

脳梗塞・寝たきり予防 ポイントまとめ

脳梗塞・寝たきり予防のポイントをまとめると、

  • 重度の脳梗塞の原因は心房の震え「心房細動」であり、巨大血栓はこの「心房細動」が原因で生まれる。
  • 自宅で手首の「脈」を測ることで、心臓の震えに気づくことができる。
  • 「心房細動」が発生するのは”リラックスした時間帯“。朝、目覚めた時や就寝前などに脈を測るとよい。
  • 心臓脂肪が多い人(高血圧、お酒を良く飲む、肥満)ほど、心房細動が起きやすくなる。
  • 心房細動が見つかった場合の対処には3つの方法がある。

詳細については以下、ご参照ください。
※ページ内の番組画像出典:http://www9.nhk.or.jp/gatten/

重いタイプの脳梗塞を引き起こす巨大血栓とは。

近年、脳梗塞の中には、特効薬が聞かず重症化しやすい症例が増えているそうです。脳梗塞とは脳の血管が詰まり、脳に血液がいかなくなり、ダメージを受けてしまう怖い病気です。なんと、1年後の生存率は「50%」の確率で、軽~中程度と比べて30%も低いのです。

軽度の脳梗塞と重度の脳梗塞はそのメカニズムが異なります。重度の脳梗塞は「あるもの」が血管につまり脳に血液がいかなくなってしまいます。そのあるものとは、「巨大血栓」です。と梅干しのような大きさで、ものすごいインパクトです!。ちなみに画像は本物ではなく、模型です。ちょっと安心?しました。

この、重度の脳梗塞について、「ネーハイシーザ」という競走馬がレース中に発症した脳梗塞を例に紹介されました。昔、菊花賞でトップを走っていたネーハイシーザが、終盤のレースで突然失速します。失速した原因は「心臓」にあったのです。

心臓は心房と心室が交互に伸縮することで血液お送り出しています。レース中にネーハイシーザーの心臓は心房が細かく震えだしたのです。これが「心房細動」という症状です。この症状が重度の脳梗塞の原因となっていました。

続いて、慢性的に心房細動を患っている「ありあ」という馬の心電図が紹介されます。健康な馬と比べて、サイクルが不規則で、細かい小さな波が発生しています。これが細かい震えの状態です。

重度の脳梗塞の原因は「心房細動」ということ、そして巨大血栓はこの「心房細動」が原因で生まれることが判明しました。

なお、先に紹介した「ネーハイシーザ」は、脳梗塞になることなく、27歳(人間でいう100歳)まで北海道で長生きしたそうです。馬は人間と比べて赤血球が小さいので血栓が出来にくいそうです。長生きできたと知ってちょっとホッとしました。

心房細動が発生し、心房が震えると血栓ができるのはなぜ?

問題は人間です。なぜ、心房細動がおきてふるえると血栓が起きるのでしょうか?

東京医科歯科大学 名誉教授 高谷節雄さんの協力のもと、ある実験行います。 人工心臓で心臓の動きを再現し、超音波で中の様子を観察します。人工心臓をわざと細かく震えさせ、血液の流れの様子を見ると、流れ淀みモニターに何やら「白いもの」が見えはじめます。(画像分かりにくくてすみません)

この白いものが血の塊(血栓)です。血栓は心臓の中を一周して心臓から飛び出していきます。

心臓でできた血栓のゆくえ

左心房でた血栓は左心室から大動脈を通り、脳へと続く血管へ流れていきます。この時の血栓はまだ柔らかいため、細長く形を変えて血管に侵入していきます。画像は出来上がった血栓です。これが首の頸動脈を行ったり来たりします。怖いですね!。そして、この血栓が脳の血管の上流で詰まり広い範囲にダメージを与えます。

心房細動と認知症との関連性

心房細動と認知症との関連性が世界で報告され始めています。認知症患者の脳の映像には、複数の異なる箇所で小さな脳梗塞が発生していることがわかります。これは、心臓で出来た血栓が大きくなる前に次々に飛び出して認知症を引き起こした例です。

このようなばらばらっとした心房細動は、一個一個だと無症状でも、積み重なると認知症の引き金を引くことになるそうです。

スポンサーリンク

心臓の震えにいち早く気付く方法とは!

では、心房細動を自覚するのはどうすればいいのでしょうか?。日本人で心房細動が起きている人は170万人もいるそうです!。

そして、自覚症状は38%の人が自覚なしというのは驚きです。確かにあまり苦しくなくて動機息切れくらいだったら、ほとんど気が付かないのも無理はないですね。しかも、心房細動はたまにしか起きない場合が多く、健康診断でも見逃されてしまうケースが多いそうです。

それが、なんと、自宅で手首の「脈」を測ることで、心臓の震えに気づくことができるのです。

手首の「脈」を測ることで、脈のリズムに乱れがないかチェックします。でも、普段、脈を測った経験が無い人にとって、実際に測ろうとしても、なかなか脈がとれないですよね。

そこで、番組で紹介された脈の取り方のコツと心房細動か否かの判定方法をまとめました。

脈のとりかたのコツ

大分大学医学部附属病院 循環器内科の「高橋尚彦 教授」が番組で紹介した脈の取り方です。

  • ポイント1 人さし指、中指、薬指を少し立てて当てます。

  • ポイント2 見つけずらい場合、少し強めに抑えます。

  • ポイント3 安静時(リラックスしている時間)に測定します。夜寝る前と朝おきた後など。
    実験を受けた患者さんは、犬の散歩中やTVを見ている時や就寝前に症状が出ていました。

心房細動がおきやすい時間帯

グラフは1日の心臓の震えの置きやすさを表したものです。朝目覚めた時や就寝前におきやすいので、この時間に測定するとよいことが分かります。なお、特に60歳未満の人は夜中に起きやすい傾向だそうです。

心房細動かどうかの判定方法

脈を測ったら以下の結果になった場合、心房細動が疑われます。

  • 脈が不規則。脈が速かったり、遅かったりする。
  • 15秒間に25回以上の脈拍
  • 15秒間に10回以下の脈拍

なお、脈拍の項目のついた「血圧計」でも測定できます。普段、脈拍の回数が70くらいの人が、突然、120~130になったり、測定不能でエラーになった場合、心房細動が疑われます。

心房細動が起きやすい人

高齢者に起きやすい疾患ですが、最近は50~60代の比較的若い世代も増えています。これは生活習慣病と密接に関係があると言われているそうです。なお、画像の黄色い部分は「心臓脂肪」です。心臓脂肪が多いほど心房細動が起きやすくなります。

心臓脂肪がつきやすくなる要因

  • 高血圧
  • お酒およく飲む(自律神経の乱れが、心房細動につながる)
  • 肥満(メタボリック症候群。男性はウエスト85cm、女性は90cm以上。)

心房細動が見つかった場合の対処

処方薬

血液を固まりにくくする抗凝固薬を服用します。主治医の指示に従うことが大切です。

一日30分ほどの適度な運動

ウォーキングなど適度に体を動かすことで、病状の軽減が期待できます。

心臓の震え自体を止める手術を受ける

カテーテルアブレーション」という手術を受けます。この手術は足の付け根の血管から「カテーテル」といわれる細い管を通します。震えの発生の原因となる部分を内側から焼いて震えを防ぎます。

最近では手術の設備が充実し治療の成功率もアップしており、初期の心房細動であれば90%以上が成功・完治できるそうです。この手術は成功すれば2日目には退院でき、年間5万人が手術を受けています。ただし、リスクも伴うので、必ず主治医と相談する必要があります。

まとめ

心房の震え「心房細動」であり、巨大血栓はこの「心房細動」が原因で生まれる、という事実を知って驚きました。今回、それこそ、かなり心臓に悪い映像が多くヘコみますが、命や生活に関わる重要なことばかりで視聴してよかったと思います。

今日から、ぜひ脈を測ることを習慣づけ、生活習慣病に気をつけて脳梗塞を予防しましょう!

スポンサーリンク

<関連リンク>
【更新】目にベストマッチ!幸せメガネ 隠れた「目の個性」と「最適なメガネ選び」のポイントとは? ガッテン 2月28日 NHK