2018年3月29日撮影

三浦半島 金沢文庫にある金沢自然公園(金沢動物園)は、180本のソメイヨシノをはじめ、ヤマザクラ、オオシマザクラ、サトザクラ、コヒガンザクラ、ヨコハマヒザクラなど十数種、約 2,000 本のサクラを見ることができます。

加えて、自然公園内こども広場の菜の花は、冬から春にかけて長く楽しむことができます。(2018年3月7日の菜の花の写真はここをクリック)さらに園内の植物が次々と咲き始め、春の花が満開に咲き乱れる様は圧巻です。

そして、その他の魅力をピックアップすると、

  • 広大な敷地のため混雑せずのんびり楽しめる。
  • 公園内でバーベキューや、横浜市内最大級のローラーすべり台で楽しむことができる。
    (大人も子供も楽しめるスポット)
  • 公園でお花見&動物園(有料)で一日中遊べる。
  • 山の上にあるため、東京湾を一望する絶景を楽しめる。
  • 疲れたら休憩所ののはな館※」でゆっくり休むことができる。
    ※ののはな館には、トイレの中に「おむつ交換スペース」「授乳室」があります。
    ※カウンターに「ミルク用のお湯」が用意されています。

などなど、たくさんあります!。

この記事では、金沢自然公園の開花情報や、桜のビュースポットやランチ情報を中心にご紹介します。

3月29日現在の金沢自然公園の様子はこちらをクリック

スポンサーリンク

金沢自然公園(金沢動物園)の情報

横浜市立金沢動物園(よこはましりつかなざわどうぶつえん)

住所 神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5丁目15−1
電話番号 045-783-9100
アクセス・地図 <電車の場合>
京浜急行電鉄本線金沢文庫駅から京急バスで野村住宅センター行き夏山坂上下車、徒歩6分(土・日・祝は金沢動物園行き下車、徒歩1分)<車の場合>
横浜横須賀道路金沢自然公園ICから釜利谷料金所左端専用ゲート直結駐車場、徒歩5分
MAP:
見頃 3月下旬 ~ 4月上旬
入場料 金沢自然公園:無料、金沢動物園:大人 500円/子供 200円
時間 金沢自然公園:9:00~17:00、金沢動物園:9:30~16:30(最終入園は16:00)
ライトアップ なし
売店、屋台 売店:「ののはな館」レストラン横の売店。屋台:なし
イベント なし
トイレ あり(ののはな館)
駐車場 あり。1200台、600円/1回
ホームページ 公式HP

金沢自然公園 桜の見ごろ(開花情報)、お天気・おすすめの服装

開花情報

★満開:3月28日
★桜吹雪:4月3日

開花情報は以下のリンクからリアルタイムに確認できます。

金沢自然公園(金沢動物園)の開花状況

金沢動物園提供の開花情報サイト

金沢自然公園の周辺天気・おすすめ服装

お花見にでかける前に、大岡川プロムナード周辺の天気予報、気温をチェックしましょう。また、大岡川プロムナードを見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

金沢文庫の天気予報

金沢動物園 植物区エリアの桜のビュースポット

ののはな館が提供している桜マップです。画像が荒くてすみません。きれいな資料が手に入ったら改めてアップしますね。これだけの桜が山全体に咲いている風景は圧巻です!

なお、個人的にはバーベキュー広場下段の広場のソメイヨシノが最高です。

3月29日撮影

園内マップのダウンロード

スポンサーリンク

3月29日の金沢自然公園の様子(定期的に更新します。)

3月29日の金沢自然公園の様子です。今日の最高気温は22℃。快晴で歩くと少し汗ばむほどの陽気でした。

展望台からコアラバス停に行く途中のヤマザクラです。ヤマザクラもソメイヨシノも満開です!

2018年3月29日撮影

のんびり野原のヤマザクラも満開です。花びらが太陽に照らされてキラキラしています♪

そして、圧巻だったのが、なんだろ坂のバーベキュー広場からみずの谷のソメイヨシノの満開の風景です。もう、言葉にならないほどの咲きっぷりでした!

紫木蓮とソメイヨシノのコラボレーションが見事です!

みずの谷からなんだろ坂を振り返った風景。山一面に咲いたソメイヨシノが見渡せます!

このお天気だと、今週末には桜吹雪が舞いそうですね!

ランチ情報

金沢自然公園は、バーベキューやお弁当を持ってお花見するのがオススメです。なお、バーベキューはすべて予約制です。以下のリンクから予約することを忘れずに!

バーベキュー情報はこちら

 
画像出典:https://yokohamagrill.com/kanazawa/park/

なお、手ぶらで気軽にランチしたい場合はののはな館の「ののはなカフェ」では軽食も楽しめます。ののはなカフェは2017年7月にリニューアルオープンしたばかりです。きれいなカフェで気持ちがリフレッシュできます。

また、 ののはなカフェでは市内の牧場「小野ファーム」の甘くてコクのあるソフトクリームや「スズキヤ」のパンを使用した焼きたてのパニーニ、「キャラバンコーヒー」など地元 食材を使用した個性的なメニューが揃っています。カフェ隣の「のはなギフトショップ」ではぬいぐるみや雑貨、お菓子などの商品が購入できます。

画像出典:http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa/details/post-365.php

ののはなカフェHPはこちら

まとめ

東京から1時間という近距離で、山と海に囲まれた自然豊かなお花見を楽しめる場所は貴重ではないでしょうか?大人もお子さんも楽しめるお花見スポットとして、この春、計画の一つに加えてみませんか?。

スポンサーリンク

<関連リンク>

お花見 横浜 2018 大岡川桜祭りに出かけよう! 屋台情報 開花情報 桜のレポも!

【3月26日更新】2018年 穴場 お花見スポット 神奈川 横須賀市 走水水源地 レポ&グルメ情報