3月15日放送の「全国絶品イモ祭り!」で紹介された、地元横須賀市で大人気の老舗、”中井パン店”の「ポテチパン」レシピを元に作ってみました!

マツコの知らない世界でも紹介された惣菜パンですね♪。

中井パン店については「マツコの知らない世界|ポテチパン|中井パンへ行ってみた|アレンジ版レシピも」の記事で記載しています。興味があればご覧くださいね。

中井パン店のポテチパン

それでは、実際に作ったお料理レポをご紹介します。

スポンサーリンク

ポテチパン 作り方

中井パンのポテチパンは「パーカーパン」を使っています。今回は、葉山旭屋牛肉店のパーカーパン(皮パン)を購入して使いました。パーカーパンとは何か?については後ほどご紹介しますね。なお、青のりは省略しましたが、青のりの風味が好きな人はぜひ、入れてくださいね!

★材料(5~6個分)

ポテトチップス(のり塩)—1袋
キャベツ—–130g
にんじん——30g

コッペパン(今回はパーカーパン)—5~6個
マスタード—-適量

~調味料~

マヨネーズ—–大さじ4(お好みで)

塩————2~3g(小さじ半分)
こしょう—–少々

※青のり—-お好みで。今回は入れませんでした。

1.キャベツ、にんじんを粗みじん切りにし、塩を加えます。

食感を残すため、キャベツは粗みじん切りにすることがポイントです。そして、塩を小さじ半分ほど入れます。

2.よく混ぜて5分ほど放置します。

3.5分後、水分が出てくるのでよく絞ります。

4.ポテトチップスを手で細かく砕いて混ぜます。

均一に細かく砕いたほうが良いようですが、パリパリ感を出したかったので、あえて大きさをバラバラにしてみました。

5.マヨネーズ、黒こしょうを加えて混ぜ、中身の具の完成です!

スポンサーリンク

6.パーカーパンは、あらかじめオーブントースターのパン温めモードで3~5分温めます。(焦げないように注意)

7.内側に粒マスタードを塗ります。粒マスタードは「IKEA」で購入しました。辛すぎずマイルドな味わいで美味しいです♪

8.中身の具をパンに詰めて出来上がりです。本家の中井パンさんにはかないませんが、なかなか美味に仕上がったと思います♪。

ポテチパン パーカーパンとは?

ポテチパンに使われている「パーカーパン」とは、パンを貝殻みたいに横から切って、具を挟むことができる形状のパンのことをいいます。

名前の由来は、アメリカの『ホテル・オムニ・パーカーハウス』で出されていたといわれ、正式には、「パーカーハウス・ロール(Parker-houseRoll)」というそうです。

今回のパーカーパンは、三浦半島の葉山にある「葉山ステーション」の「葉山旭屋牛肉店」で、有名な葉山コロッケと合わせて購入しました。

ちょっと甘めな味は、葉山コロッケやメンチカツをはさんで食べるのに最適なパンです♪。もちろん、コロッケをはさんで食べてみました。こちらも、メチャ美味しかったです。

パーカーパンや葉山コロッケは、葉山旭屋牛肉店の通販サイトで購入可能です。なお、葉山旭屋牛肉店ではパーカーパンを「皮パン」と呼んでいます。
葉山旭屋牛肉店の通販サイトはこちらから

まとめ

ケンミンショーの作り方を見つつ中井パンのポテチパンの味を思い出しながら、見よう見まねで作りましたが、すごく美味しかったです♪

作ってすぐに食べるとパリパリ食感、時間が経つとしっとりしたポテトサラダのような食感と2つの味わいが楽しめます♪。

ポテトやマヨネーズの量は自由にアレンジ可能ですので、自分だけのオリジナルポテチパンを作ってみてはいかがでしょうか?。お手軽なランチに最適です!

スポンサーリンク

<関連リンク>

マツコの知らない世界|ポテチパン|中井パンへ行ってみた|アレンジ版レシピも

マツコの知らない世界|ポテチパン|アレンジ版(第二弾)を作ってみた。