4月2日の「ヒルナンデス!」で紹介された、超人気店の角煮カツ丼&ロールキャベツのレシピをご紹介します♪。太川陽介も仰天した、見たこともない角煮カツ丼の作り方は必見です♪。ちょっと手間はかかるけれど、調理ポイントをおさえるだけでも、家庭料理がプロの味に大変身すること間違いなしです♪

スポンサーリンク

◆出演者情報

司会:南原 清隆
アシスタント:梅澤 廉、滝 菜月
出演者:
遠藤章造、博多華丸・大吉、マギー、黒沢かずこ・村上知子・大島美幸(森三中)、藤田ニコル、菊地亜美、太川陽介、濱田崇裕(ジャニーズWEST)、坪倉由幸、岡副麻希、吉澤ひとみ、IMALU

角煮カツ丼の作り方

TV初公開。秋葉原「炉端バルさま田」のカツ丼です。SNSがきっかけで爆発的に売れた逸話があります。今までの常識と全く違う、絶品のカツ丼だそうです!。

調理ポイント

1.煮た玉ねぎをペースト状にしてピューレーにする。

2.卵を一度、ザルでこす。

3.揚げたカツをタレ(丼つゆ)にくぐらせてから盛り付ける。

作り方

1.通常の手順で豚の角煮を作ります。

・豚バラ肉5キロを3等分にカットします。
・圧力鍋に入れてを1時間ほど水煮にします。
・豚バラ肉をしょう油・みりん・水の煮汁に移し、10分煮込みます。

2.煮込んだ豚バラを冷蔵庫で一晩置きます。(味がしみこませるため)

3.一晩おいた角煮をベーコン状に切ります。

4.切った角煮に衣をつけます。

5.玉ねぎのスライスを鍋に入れ、どんつゆで玉ねぎを1時間以上煮てペースト状にします。

6.たまごに生クリームと塩を入れて混ぜます。混ぜた卵をザルで濾します。

7.120度の油で2分揚げます。揚げた後にさっとタレにくぐらせます。

8.たまごで超半熟のオムレツを作っておきます。

9.ごはんの上に玉ねぎのピューレをかけ、その上に揚げたカツとオムレツを乗せます。

<食べ方>

卵を真ん中から箸で開いて食べます。普通のカツ丼よりもずっとさっぱりとしているそうです!おいしそう~

スポンサーリンク

ロールキャベツの作り方

ビストロローブン横浜」の3日かけて作る極上ロールキャベツです。

調理ポイント

1.ロールキャベツののかくし味は2種類の玉ねぎ(炒めた玉ねぎと生の玉ねぎ)を使うこと。

2。とろとろにするため、ロールキャベツは一晩冷凍にする。(1回冷凍することで、キャベツの組織、繊維を破壊することでトロトロになる)

3.煮込んだロールキャベツを蒸し焼きにする。

作り方

1.種を作ります。
ボールにパン粉と玉ねぎ(炒めた玉ねぎと生の玉ねぎ)を2種類と卵を入れ、()の調味料を入れて混ぜます。
(ナツメグ・グラニュー糖・砂糖・塩・こしょう、しょう油、赤ワイン、ソース、ケチャップ、オリーブオイル)

2.牛肉と豚肉の2種類のひき肉を使います。7~8ミリの超あらびきの肉を2回ひいたものです。

3.ひき肉とつなぎをこぶしを握ってまわして粘りが出るまで混ぜます。

2.キャベツの芯をくりぬきます。

3.鍋に塩を入れ沸騰させてからキャベツをいれる。

4.はがれたキャベツをすぐに冷水に浸します。(適度にやわらかく巻きやすくなります)

5.ロールキャベツをたねに巻いていきます。1個に対して大きさの異なるキャベツの葉を5枚使います。

6.空気を押し出すように片側だけ折り畳み、右手で逆側をしぼり親指で内側へ押し込みフタをします。

7.ロールキャベツを作ったら蓋をして一晩冷凍庫に入れます。

8.一晩おいたロールキャベツを鍋に入れます。鍋にぎゅうぎゅうにつめると荷崩れしにくいそうです。

9.牛骨・牛すじ肉・香味野菜などで「フォンドボー」を作ります。※市販のフォンドボーでもよいと思います。

10.フォンドボーでロールキャベツを中火から弱火で2時間煮込みます。

11.鉄板に煮込んだロールキャベツを乗せて蓋をしてオーブンで9分蒸し焼きにします。

12.フォンドボーをベースにしたデミグラスソースと生クリームをかけて完成です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?。超人気店のレシピは工夫と手間を惜しまず丁寧に作られた一品でしたね♪。プロのレシピと全部同じに作るのは難しいですが、いつもの作り方に今回の調理ポイントを加えるだけでプロの味が家庭で再現できると思います♪

時間に余裕がある時に、ぜひチャレンジしてみませんか?

スポンサーリンク