2018年5月15日(火)8時からはマツコの知らない世界の2時間スペシャルです!その中から「マツコの知らないシュウマイの世界」をピックアップしてみました。

国内200種類を食べ歩いてきた種藤潤(たねふじ じゅん)さんがシュウマイの魅力を熱弁してくれました!

この記事では、種藤潤さんの簡単なプロフィールと番組で紹介されたシュウマイ彼がインスタで紹介しているテイクアウトのシウマイ(10選)についてご紹介します♪

ちなみに、横浜在住の自分は、帆立だしのうまみが凝縮した「崎陽軒のシウマイ」が大好物です♪。弁当に彩りを加えるオレンジ色のアンズのほどよい酸味がたまりませんね!

スポンサーリンク

種藤潤(たねふじ じゅん)さんのプロフィール

◆本名:種藤潤(たねふじ じゅん)
◆年齢:40歳 既婚
◆職業:オーガニック専門誌ライター
◆勤務先: Oraganic Village JAPAN
◆出身校: 横浜国立大学(神奈川県立茅ヶ崎北陵高校に在学)
◆現住所:東京都世田谷区
◆出身地:神奈川県 茅ヶ崎市

出典:https://www.facebook.com/tanefuji

種藤潤さんがシューマイにハマッた理由は?

種藤さんの現在の職業は、日本のローカル・オーガニックを中心に、食や旅、住まい、介護、防災系の仕事取材などの取材・執筆・編集を行う仕事をされています。

そして、2017年あたりからはシュウマイの地位向上を目指して全国のシュウマイを食べ歩いており、1月にはシュウマイのインスタを開始しています。

マツコさんが番組予告で言っていますが、シュウマイって餃子に比べるとちょっとインパクト弱いですよね。

なので、種藤さんがなぜ、シュウマイ愛に目覚めたのか不思議です。

前職は「AERA dot. (アエラドット)」という大手のオンラインメディアを扱う会社に勤務しており、食に関する取材や執筆を精力的に行っています。

取材の中から、とてつもなく美味しいシューマイに出会う機会でもあったのでしょうか?

なお、プロフィールにもあるように、種藤さんの出身地は神奈川県茅ヶ崎市で、立茅ヶ崎北陵高校から横浜国大へ進学した生粋の神奈川県民です。

当然、ヨコハマ名物「崎陽軒のシューマイ」は幼い頃から身近で、食べていたのではないでしょうか?

ヨコハマ中華街にもシューマイは山のようにあるでしょうし、確かにシューマイに出会う機会は多いですよね。

でも、なぜ餃子ではなくシューマイなのかが分かりませんよね?

番組内でシューマイにハマッた秘密が明らかになることに期待したいです!

番組で紹介されたシュウマイ

(長崎)「シュウマイ3種盛り」

番組では写真だけ紹介されました。長崎の中華街にあるお店です。特製3種(えび,いか,肉)しゅうまいセットが食べられます。

出典:https://hitosara.com/

お店情報:中国菜館江山楼食べログ

恵比寿 どんく 「焼売(4個入り)」

出典:http://foodpia.geocities.jp/naoto0316birth/menu.html

こちらも、番組では写真だけ紹介されました。どんく秘伝の特大焼売にぷりぷりの海老が載っています♪

お店情報:ドンク食べログ

中野 手作り点心 また明日 「エビシューマイ」

こちらも同じく番組では写真だけの紹介です。種藤さんのインスタにアップされています。
種藤さんに”名店に偽りなし”と言わしめた、「2017シュウマイベスト10」に入った一品。さまーずのTV番組「もやもやさまーず2」でも紹介されたお店です。

中野ブロードウェイにある手造り点心の隠れた名店で、毎日食べられるお手ごろ価格なのも評価高いですね!。イートインコーナーもあり、その場で食事できます。

お店情報:食べログ

551蓬莱(大阪)「シュウマイ」

大阪みやげの定番の味です。豚肉と玉ねぎが主な材料でボリューム大で満足感あります。こちらも種藤さんのインスタにもアップされています。

通販で、シューマイと合わせて肉まんがセットで購入できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

<551 蓬莱>豚まん・焼売セット
価格:3401円(税込、送料無料) (2018/5/16時点)

 

東亭(池袋)の「シュウマイ」

45年間、ずっと、餃子とシュウマイだけで勝負している餃子の名店です。どちらもマツコさん絶賛の味わいです。基本、メディア出演はNGだそうです。

ジャンボ餃子に負けないくらい激ウマのシュウマイが食べられます。両方、注文するとよいですね!

お店情報:食べログ

味の素 「ザ★シュウマイ」

粗びきの具材であふれ出す肉汁が特徴です。冷凍シューマイですが、冷凍感は全くありません。シューマイは餃子と違って冷めても美味しいので、冷凍食品がたくさん商品化されているそうです。

鼎泰豐(ティンタイフォン) 「小籠包」

種藤潤さん曰く、”シュウマイの天敵” である小籠包のお店ですが、スタイリッシュで素敵な店内だったので掲載しました。

出典:http://d.rt-c.co.jp/shinjuku/

お店情報:店舗一覧

野田焼売店(巣鴨)

女子受けするお店とのこと。9種類のタレから選べて、調理法も「水」「蒸し」「焼き」「揚げ」の種類があります。水焼売はインスタ生えしそうなおしゃれな外観で、水餃子とは全く味わいが違うそうです。

出典:http://nodashumaiten.com/

お店情報:野田焼売店食べログ

ミニヨン 坂の上(渋谷)「特製焼売」

ワインとシュウマイをコラボさせたメニューを提供するお店です。ワインと組み合わせるなんて意外ですね。

この店のシュウマイは二度蒸しして余分な脂を落としているところが特徴です。岩中豚を100%使用しています。

山椒と厳選醤油でいただく味はワインとの相性が抜群だそうです!。マツコさん曰く赤ワインのほうが合うと言っていましたが、山椒をかけると白ワインにピッタリになるのだそうです。

また、このお店の卵焼きは絶品だそうです。インパクト大な外観ですね。ぜひ一緒に注文したいものです!

出典:https://retty.me/area/PRE13/ARE8/SUB803/100000007487/

お店情報:食べログ

<2017年種藤さんが選ぶ焼売>

焼売は圧倒的に関西エリアに集中しているそうです。今回は関西エリアから選りすぐりのシュウマイが紹介されました。

一芳亭 (大阪)

関西最強の、焼売を食べるためだけに旅行する価値があるほど美味しいそうです!

小ぶりで餡を薄焼き卵で包み、あっさりとした上品な味が特徴です。これが定食屋さんで出してくれるのがびっくりですね!

出典:http://www.ippoutei.com/

お店情報:一芳亭食べログ

その他のテイクアウトのシュウマイ

種藤さんのインスタにアップされているあまたのシューマイの中から、直感で「食べてみたい!」と思ったシュウマイを独断と偏見?でピックアップし、お店情報を調べてみました♪

ランチや小腹が空いたときのおやつ、夕食の一品としてなど、どんなシーンでも使える便利なシューマイは忙しい時には大助かりですよね。

しかも、紹介されているシューマイはどれも一度は食べてみたい!と思わせるものばかりです♪

セキネのシュウマイ

下町王道。#しゅうまい #焼売 #浅草 #セキネ #下町の味 #ビールとともに

シュウマイ生活さん(@syumai.life)がシェアした投稿 –

崎陽軒のシュウマイ弁当

万葉軒のひれかつしゅうまい弁当

ヨコハマ博雅のシウマイ

元祖焼売と言われる、横浜発の伝統のシウマイです。元祖は横浜の「崎陽軒」では?と思う人が多いのですが、、実は横浜・伊勢佐木町にあった「博雅亭」が日本で初めて焼売を製造販売したとされています。

博雅亭は1899年に開始、崎陽軒は1928年です。ただし、博雅亭はは閉店し、現在は店の流れを汲む製造会社「博雅」で、オンラインで販売を受け付けています。

定番の「特製肉シウマイ」は、崎陽軒よりも大きめで、豚肉がみっちりとつまり、1個でも食べ応え十分です。崎陽軒との食べ比べも面白そうです。

重慶飯店の三色焼売

萬坊のいかしゅうまい

崎陽軒 昔ながらのシウマイ

崎陽軒、2回目の登場です。やっぱり「昔ながらのシウマイ」は外せません!。帆立だしだから日本酒にも合いますね。

まとめ

国内200店舗を食べ歩いた種藤潤さんオススメのシューマイはどれも本当に美味しそうでしたね!インスタ映えするシューマイもとっても素敵です。

個人的には、中野の「また明日」のシューマイが一番食べてみたいと思いましたが、みなさんはいかがですか?

でも、マツコさんが「シューマイ」を「餃子」と2回もいい間違えてしまったところが可笑しかったです。^^

種藤さん、シューマイ普及活動、これからもがんばってください。陰ながら応援しています!

スポンサーリンク