簡単に皮がパリパリな照り焼きを作ることができる、「鶏肉のフレンチ照り焼き」をご紹介します♪
フランス料理店オーナーシェフの谷昇さんが教えてくれました。
フレンチだけど手間いらず、お家でプロのレシピを味わうことができます♪

決めてはバルサミコ酢、

スポンサーリンク

鶏肉のフレンチ照り焼き

フランス料理店でフレンチ一筋おオーナーシェフ、谷昇さんが紹介する「鶏肉のフレンチ照り焼きレシピ」です。

すごくダンディーな方で声も素敵ですね♪

谷さんのお店のHP

ソースもおいしいチキン照り焼きで、夏バテにもよいそうです♪

<材料>ーー二人分

~チキン照り焼き~

鶏モモ肉:1枚

にんにく:5かけ(皮つき)

バルサミコ酢:カップ1/2

しょうゆ:小さじ2強

塩・オリーブオイル・黒コショウ(粗びき)

※オリーブオイルの代わりにゴマ油でもOK

~焼きレタス~

レタス:1/2個

水:カップ1/2

スポンサーリンク

<作り方>

1.鶏肉の身のほうにだけ塩(2つまみ)をふり、皮に塩はふらない!

2.オリーブオイル(小さじ1/2)をいれたフライパンに、身のほうをさっと油でぬらす程度に焼きます。

3.ひっくり返して皮を焼きます。(皮の下には油が必要。油をかけながら肉を焼く)

4.皮目が焼けているか持ち上げてみる。(大切なのは焼き目と、素材から出てくるジュースが焼ける音)

5.あらかじめ、竹串で穴をあけたにんにく5かけを皮ごと焼きます。

  これにより、にんにくの香りがストレートで焼くより柔らかくなります。

6.皮にしっかり焼き色がつくまで、焼く8分間焼きます。(おいしそうな焼き色)

7.鶏肉とにんにくを取り出します。

8.鶏肉を食べやすい大きさに切ります。

9.あらためて鶏肉をさっと炒めます。

10.ここにバルサミコ酢(カップ1/2)とお醤油(小さじ2強)、にんにくをいれてフライパンをゆすり3分ほどに絡めます。

   スプーンで汁をかけながらゆっくり」からめます。(火は弱める)

11.レタス1/2を2等分(1/4)にします。

12.切り口に塩(ふたつまみ)を切り口にふります。

13.オリーブオイル(小さじ1/2)をフライパンに入れて、レタスを入れて両面にしっかり焼き色をつけます。

14.焼けたら適量のお水(カップ1/2)を入れて、水がなくなるまで蒸し焼きにします。

15.10.鶏肉にこしょうをかけて、フライパンをゆすり、最後にオリーブオイルを加えます。

16.鶏肉に焼きレタスを添えて完成です。

以上

スポンサーリンク