今回のマツコの知らない世界は「お土産饅頭の世界」。

ナビゲーターは、人生の大半を饅頭探しに費やした76歳「中尾隆之」さん!

銘菓全体を取材している中で、最後に行きつくのが饅頭の魅力なのだそうです。

王道系~びっくりするような変わり種饅頭まで一挙に公開されます!

この記事では、番組で紹介された饅頭と、饅頭への愛がすごい「中尾隆之」さんのプロフィールについてご紹介します。

スポンサーリンク

番組で紹介された饅頭

王道の饅頭

花園饅頭 414円(税込)

出典:http://www.tokyo-hanaman.co.jp

日本一高くて日本一うまい饅頭です。

素材にこだわり皮にはヤマトイモを使用しています。

志ほせ饅頭 9個入り 1,188円(税込)

約660年前に創業した日本で最初の饅頭です。

⇒以下の画像をクリックすると楽天へジャンプします。

中身がパクつくまで分からない饅頭

ぶちょうほう饅頭 大5個入り 650円(税込) 

出典:http://www.morioka-style.com

岩手県盛岡市のお饅頭です。

陽月菓子舗 (ようげつかしほ)さんの店頭で購入できます。

一気に口にいれて食べないと、黒蜜が溢れてくるので要注意です。

名前の由来は、黒蜜がこぼれて不調法(ぶちょうほう)=そそうする、というところからきています。

一〇香 5個入り 540円(税込)

長崎のお饅頭です。

かじった瞬間のインパクトが絶大です。

なんと、中身が空洞なのです!

焼き上げる工程で、餡が皮に染み込んで空洞になるという不思議な饅頭です。

パリパリとしてなんとも、美味しそうです。

⇒以下の画像をクリックすると楽天へジャンプします。

北海道のおすすめお土産饅頭

わかさいも 9個入り 1,069円(税込)

サツマイモにそっくりに作ったお饅頭です。

餡の表面に卵しょう油を塗って焼き芋風にしています。

⇒以下の画像をクリックすると楽天へジャンプします。

バナナ饅頭 8個入り 620円(税込)

出典:http://www.tokatch.com

なんと、明治38年から販売されている、歴史あるお饅頭です。

バナナそのものを食べているような食感です!

昔は駅弁のようにホームで売っていたそうです。

北海道の通販サイトで購入可能だったのですが、現在は販売が終了しています。

姿形がかわいい饅頭

角(かく)まんじゅう 10個入り 1,404円

出典:https://www.kiriyasakuraya.com/

落雁と羊羹で出来ています。

本来、饅頭ではありませんが、西郷隆盛が名付け親となりそのまま饅頭としたそうです。

薩摩菓処とらやのHPから購入できます。

カエル饅頭 6個入り 648円

愛知県のお菓子で、青柳ういろうを作っている会社が出している商品です。

⇒以下の画像をクリックすると楽天へジャンプします。

消費量一位の饅頭

白玉饅頭 3個入り×10袋 2,916円(税込)

お菓子のお刺身?のようなモチモチした食感です。

⇒以下の画像をクリックすると楽天へジャンプします。

伊万里焼饅頭 5個入り 595円(税込)

佐賀県のお土産饅頭です。

皮の表面に伊万里焼のひび割れ技法を表現しています。

中身は白あんが、シャキシャキの皮がとても合っています。

通販サイトから購入可能です。 

変わり種饅頭

水まんじゅう

岐阜県大垣市発祥の饅頭です。
くず粉で餡をつつみ氷で冷やした夏のお饅頭です。

焼きまんじゅう

甘いみそだれを付けて焼いた群馬県の饅頭です。

⇒以下の画像をクリックすると楽天へジャンプします。

揚げまんじゅう

かりんとう饅頭など、生地に黒糖を使った饅頭です。

残念ながら、番組では商品を特定する情報は紹介されませんでした。

以下は、元祖と言われている栃木県のかりんとう饅頭です。

⇒画像をクリックすると楽天へジャンプします。

並んででも食べたい饅頭

揚げゆば饅頭 1個200円(税込)

出典:http://www.nikko-kankou.org/product/362/

ゆばと豆乳を使った日光で行列ができるほど人気の饅頭です。

ゆばと豆乳を生地に練りこんでいます。

天ぷらの食感なので、かかっているお塩がとても合います!

通販サイトから購入可能です。

もちろん、現地で出来立てを食べるのが一番おいしいのですが、通販でも電子レンジで温めると、ふっくら熱々で食べられます♪

中尾隆之さんプロフィール

氏名:中尾隆之(なかお たかゆき)
年齢:76歳
出身地:北海道
出身大学:早稲田大学
職業:旅行作家、土産銘菓研究家

高校教師、出版社勤務を経験したのちに、フリーの旅行作家になった経歴をお持ちです。

新聞や月刊・週刊誌、PR誌などに、和菓子だけでなく、歴史や鉄道、温泉の魅力を書いています。

中尾さんのすごいのは、すべて、自分の足で現地に行って取材して書いているところです。

なお、2007年に全国銘菓「通」選手権の初代TVチャンピオンになっています。

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/tvchamp2/back/070809.html

著書

中尾さんの著書としてNHK出版から「日本百銘菓」が出版されています。

番組に出演するきっかけにもなった本だそうです。

この本は、自ら40年以上日本各地を訪ね歩き、5千種類を超える和菓子を取材した中から、厳選した「百」の和菓子が紹介されています。

次の7項目を重視してかなり苦労して「百」に選定されたそうです。

日保ちが3―4日以上ある」という項目はお土産にするのにありがたい基準ですね!

1.歴史・風土など地域性がある。

2.老舗ならではの風格・品格が伝わる。

3.日保ちが3―4日以上ある。

4.個包装で風味と清潔感が保全されている。

5.大きさ・重さ・見映えがよい。

6.人気・話題性に富んでいる。

7.個性的でユニーク、希少なこと。

引用:http://www.ryoko-net.co.jp/?p=40161

年月の重みと誠実な取材が伝わってきて、和菓子のバイブルといっても過言ではないと思います!

※以下のリンクをクリックすると楽天ブックスへジャンプします。

日本百銘菓 (NHK出版新書) [ 中尾隆之 ]  

「死ぬまでに食べたい絶品銘菓15」「迷わず選びたい出張土産10」「和洋折衷が楽しい新感覚銘菓10」など9章に分かれています。

番組内容まとめ

 

いかがでしたでしょうか♪

これで、帰省時や訪問先へのお土産に迷わないですみますね!

 

スポンサーリンク