三浦半島 金沢文庫にある金沢自然公園(金沢動物園)は桜の名所としても知られていますが、梅園も見ごたえがあることはご存知でしょうか?

特に、梅園はこれからの時期(2月中旬~下旬)に見頃をむかえ、海を背景に山の斜面に咲きそろった姿は圧巻です!

かぐわしい梅の香りが周囲に漂い、なんとも夢見心地の気分を味わうことができます♪

なお、動物園にはいかず、金沢自然公園だけ利用するなら年中無休で無料です。

この記事では、2月17日時点の梅の開花状況やレポをお届けします。

金沢自然公園へのアクセスなどの情報はこちら

<関連記事>

【お花見スポット】  金沢自然公園 桜の開花情報 2019

 

スポンサーリンク

梅の開花状況(スイセンと菜の花情報も)

2月17日現在、梅の花がちょうど見頃を迎えています。

菜の花も日当たりの良いところは満開の状況です。

スイセンは枯れ始めた花もあり、花のピークは過ぎていますが、あと1週間くらいは楽しめそうです。

梅のお花見レポ(2月17日時点)

金沢動物園近くにある菜の花畑。手前の菜の花はほぼ満開です。そこだけスポットライトが浴びたように輝いていました♪

奥側の菜の花は日当たりがイマイチなせいか、あまり咲いていません。これからってところですね。

側面から撮影。菜の花の海です。

菜の花畑を通り過ぎて梅園に到着。ふわっと梅の香りが漂ってきました♪

ピンクの八重唐梅と真っ白な白加賀が満開の見ごろを迎えていました。

今日は景色がかすんで前方の海が見えづらいのが残念です!

ピンクと白のハーモニー。

梅園を抜け、バーベキュー広場に抜ける途中に咲いていた黄水仙。見事に満開でした。

水の谷の梅。こちらはほぼ満開で、すでに散り始めている梅もありました。

 

金沢自然公園へのアクセス情報

横浜市立金沢動物園(よこはましりつかなざわどうぶつえん)

 

住所

神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5丁目15−1
電話番号 045-783-9100
アクセス・地図 <電車の場合>
京浜急行電鉄本線金沢文庫駅から京急バスで野村住宅センター行き夏山坂上下車、徒歩6分(土・日・祝は金沢動物園行き下車、徒歩1分)<車の場合>
横浜横須賀道路金沢自然公園ICから釜利谷料金所左端専用ゲート直結駐車場、徒歩5分
MAP:
見頃 3月下旬 ~ 4月上旬
入場料 金沢自然公園:無料 (金沢動物園は有料:大人 500円/子供 200円)
時間 金沢自然公園:9:00~17:00、金沢動物園:9:30~16:30(最終入園は16:00)
ライトアップ なし
売店、屋台 売店:「ののはな館」レストラン横の売店。屋台:なし
イベント なし
トイレ あり(ののはな館)
駐車場 あり。1200台、600円/1回
ホームページ 公式HP

梅の開花状況 2019 横浜市 金沢自然公園のまとめ

金沢自然公園には梅以外にも菜の花や桜やスイセン、もみじなど季節ごとのお花がいっぱいあり一年中楽しめます。

都心から約1時間の近さで、年中無休かつ無料なのでとても便利です。

気軽に花見を楽しむにはうってつけの場所なので、ぜひご家族でお弁当を持っておでかけください。

お花に囲まれて食べるランチはまた格別ですよ♪

スポンサーリンク