【あさイチ NHK】自宅コーヒーで健康と美肌を手に入れよう!(スアチュア・カフェなど世界のコーヒー情報も) 6/16

コーヒー

今回の記事は、あさイチで取り上げた「コーヒー」についてご紹介します。
毎日コーヒーを飲んでますが、美容や健康を引き出す飲み方などがあるのを知りませんでした!

そこで、この記事では、

  • コーヒーのすごい健康効果とは
  • 最適なコーヒーの飲み方は1日3~4杯
  • コーヒーを使った驚きレシピ(スアチュア・カフェほか)

などをみなさんにポイントを絞ってお伝えしていきたいと思います。

コーヒー好きの人も苦手な人も、
思わず試してみたくなる情報がいっぱいです。

コーヒーのもつすごい健康効果

女性

コーヒーには次のような病気へのリスクを下げたり、肥満や老化などへの効果があることが明らかになってます。

  • 心臓病
  • 肝臓がん
  • 脳卒中
  • 糖尿病
  • 肌(乾燥やシミなど)
  • 肥満
  • 老化

この中でも、女性にとって特に気になる「」「肥満」「老化」への効果について紹介していきますね。

肌への効果

コーヒーには「クロロゲン酸」といわれるポリフェノールの一種が多く含まれてます。
クロロゲン酸には美肌を作る2つの効果があるんです。

  • 肌への水分量をアップする
    ⇒肌の表面の水分を保ち、みずみずしい肌にする。
  • 肌のシミを予防する
    ⇒シミの素になる、メラニン色素の取り込みを防ぐ。

なお、コーヒーに含まれるクロロゲン酸を摂取した人は、摂取しない人と比べて4割もシミの量が少ないという実験データが紹介されました。

飲むだけで美肌が作られるなんてすごくお得感がありますよね。

肥満への効果

コーヒーのクロロゲン酸には、肥満にも効果があるんで
脂肪の元となる、食後の血糖値の急激な上昇をおさえる働きがあります。

そして、一番効果的なコーヒーを飲むタイミングは、なんと「食事中」です。
血糖値上昇を抑える効果は、食事中が一番高いことが実験によって明らかになりました。

でも、和食の場合に食事中にコーヒーを飲むのはしんどいですよね。
そこで、番組ではコーヒーとの食べ合わせがよい、次の食材が紹介されました。
お好みもありますが、健康への効果を考えたら試す価値はあるんじゃないでしょうか。

<コーヒーと食べ合わせのよい食材>
コーヒー豆の煎り方によって合う食材が違います。
超浅煎り・・・和菓子
浅煎り・・・塩しゃけ、サバ、明太子(塩味の海鮮など)
中煎り・・・マグロの寿司、かつお(赤みの魚など)
中深煎り・・・お好み焼き、タコ焼き、焼きそば(ソース系の味)
深煎り・・・・だし巻き卵(甘めの味付け)

老化への効果(NADが老化を防ぐ)

コーヒーに含まれるニコチン酸には、老化の進行を遅らせる効果が期待できます。
たばこのニコチンとは全く違うもので、ビタミンの一種なんです。

その働きについてざっくり説明しますね。
ニコチン酸は体に入ると「NAD」という成分に変わります。
細胞にはたくさんの傷がついていますが、NADがこれらの傷を修復してくれます。

若い頃はたくさんあったNADが年齢と共に減少し、細胞の傷が残ったままになります。
この、細胞の傷が残った状態のことを「老化」といいます。
そこで、コーヒーのニコチン酸を摂取すると、NADレベルの低下を防ぎ、老化の進行を遅らせてくれるんです。

これは画期的な情報ではないでしょうか。
MCの華丸さんも、これには食いついてました!

コーヒーの最適な飲み方は?

最適なコーヒーの飲み方は1日3~4杯で、1杯あたりコーヒー豆10gが目安です。
アイスでもホットでもOKです。

また、深煎りと浅煎りのコーヒー豆をブレンドして飲むのがおすすめです。
なぜなら、美容・健康によい「クロロゲン酸」は深煎りコーヒー、老化を防ぐ「ニコチン酸」は浅煎りコーヒーに多く含まれ、両方のいいとこ取りができるからなんです。

なお、コーヒーを飲むにあたっての次の注意事項があります。

  • 妊娠中の方は、一日2~3杯程度にする。
  • お子さんの場合、7歳で1日一杯程度が目安。
  • カフェインが分解しにくい体質の方は、飲む時間帯や分量に注意する。
  • カフェイン成分と合わない薬(フルボキサミンなど)を飲んでいる方は摂取を控える。

カフェインのとり過ぎには気をつけ、ご自分の体にあった分量にするのがポイントです。
また、持病の薬がカフェインと合わないか心配な方は、かかりつけの医師にご相談ください。

デカフェ(カフェインの少ないコーヒー)でも、成分は減りますが効果は期待できるので、カフェインの苦手な方は検討してみてくださいね。

なお、こちらの記事で、バリスタが教えるコーヒーの入れかたや豆の選び方を解説してます。
知りたい方はぜひご覧ください。
>>おうちコーヒーが数倍おいしくなる裏技

コーヒーを使った驚きレシピ(スアチュア・カフェほか)

世界のアレンジコーヒー(4つ)のレシピをご紹介します。

カイザーメランジェ(オーストリア)

かつて、皇帝が好んだことから、皇帝のブレンド(カイザーメランジェ)という名がついてます。

<作り方>

材料は「卵の黄身、ハチミツ、アイスコーヒー、ホイップクリーム(お好みで)」

卵の黄身にハチミツを加えて混ぜ、グラスの半分ほど入れたアイスコーヒーに加えて混ぜます。
(お好みでホイップクリームを加えます)

マザグラン(ポルトガル)

爽やかなレモネードのような風味のコーヒーです。

<作り方>

材料は「レモンジュース、アイスコーヒー、砂糖」

レモンジュースをアイスコーヒーと同量かやや少ない量を加え、好みの分量の砂糖を混ぜて完成です。

ダルゴナコーヒー(韓国)

韓国で人気のインスタ映えするアレンジコーヒーです。
コーヒーが苦手な人でも飲めるマイルドな味わいです。

<作り方>

材料は「インスタントコーヒー、砂糖、お湯、牛乳」

少量のインスタントコーヒーに好みの分量の砂糖とお湯を少しそそいで、泡だて器でホイップ状になるまで泡立てます(A)。
冷たい牛乳に(A)を乗せるだけで完成です。

ベトナム(スアチュア・カフェ)

ベトナム語でヨーグルト・コーヒーといいます。
乳製品のヨーグルトとは意外なほど相性がよく、すっきりした味わいは暑い夏にぴったりです。

<作り方>

材料はすべてお好みの分量ですが、TVを参考に以下のグラム数にして実際に作ってみました。
ただし、砂糖と練乳は控えめにしてます。(でも、けっこう甘いです)

~材料~
インスタントコーヒー:15g
砂糖:10g
練乳:10g
水:50cc
ヨーグルト(無糖):150g
氷:適量

1) ヨーグルトに砂糖と練乳を加えて混ぜる。(どれも好みの分量)
2) インスタントコーヒーを水で溶かす。
3) 先ほど混ぜた1)をグラスに注ぎ、2)のコーヒーをゆっくりと上から注ぎます。

ヨーグルト・コーヒー

氷は冷蔵庫の製氷機のものを使ってますが、砕いた氷を使うとヨーグルトと混ざりやすく、より現地の味に近づくそうです。
食感はマックシェイクに氷を入れた感覚です。
ヨーグルトの酸味によってコーヒーの苦味がマイルドになり、本当においしかったですよ。

なお、スアチュア・カフェについては、次の項目で口コミやお店なども紹介してますので、ご覧ください。

スアチュア・カフェとは?

改めて、最近、日本でも広まりつつある「スアチュア・カフェ」をフォーカスしてご紹介しますね。
スアチュア・カフェとは、ベトナムで大流行している「ヨーグルト・コーヒー」のことです。

ヨーグルト×コーヒーなんて、合うはずがない!

と思いますよね。
でも、その先入観を吹き飛ばすほど独自のおいしさがあるんです。

スアチュア・カフェ(ヨーグルトコーヒー)は、言葉どおり、コーヒーとヨーグルトを混ぜたアレンジコーヒーです。
ヨーグルトの酸味とコーヒーの苦味があわさることで、絶妙なうまさを引き出してます。

気になる味について、味わった人の感想をご紹介しますね。

 

はじめてのヨーグルトコーヒー、超絶おいしかった!!
想像していたのと全然ちがっていて、もはやコーヒーではないけど、さっぱりしていて程よい甘さで・・・感動しました。

引用:travel.jp

”意外”、”想像と違った!”などの驚きの声があがってます。
ますます、気になる飲み物ですね!

ヨーグルト・コーヒー(スアチュア・カフェ)が飲めるお店

ヨーグルト・コーヒーをお家で作るにしても、まずは本物を味わうのが理想ですよね。
ベトナムと日本でヨーグルトコーヒーが飲めるお店をそれぞれご周夫会します。

・コン カフェ

本家ベトナムで人気のお店「コン カフェ」のヨーグルト・コーヒーです。
ベトナム・ハノイに複数店舗あるので、旅行した時にぜひ立ち寄ってみたいお店です。

お店のHP:https://congcaphe.com/

このお店については、こちら「トリップス」というマニアックな旅行メディアサイトで詳しく紹介してます。

49 Asian Kitchen + Bar

東京・目黒区にある、日本で数少ないヨーグルトコーヒーを提供するお店です。
2019年の夏ごろから提供を始めたそうです。

お店の人いわく、ヨーグルトコーヒーは、パンや洋食などのほか、スパイシーなエスニック料理にもおすすめとのことです。ぜひ、行ってみたいですね。

・HP:公式FaceBook食べログ

【あさイチ NHK】自宅コーヒーで健康と美肌を手に入れよう!のまとめ

この記事では、コーヒーの健康や美容への効果や飲み方、世界のアレンジコーヒーについてご紹介しました。

  • コーヒー成分「クロロゲン酸」「ニコチン酸」には、肥満やシミ、老化を防止する効果がある。
  • コーヒーは一日3~4杯が適量の目安
  • 食事中に飲むのが効果的
  • いいとこどりするなら、深煎りと浅煎り豆の両方をブレンドする

など、ちょっとした工夫で美容や健康に効果があります。

ぜひ、参考にしながら美味しいコーヒーを自宅で楽しんでみませんか?

タイトルとURLをコピーしました