天国と地獄

【天国と地獄】東朔也が湯浅じゃない理由とは?

天国と地獄の第7話、怒涛の展開でしたね!
今回、東朔也の正体がかなり判明しました。

  • 東朔也がクウシュウゴウ(暗闇の清掃人)だった。
  • 東朔也は日高の二卵性双生児の兄だった。
  • 二人が赤ちゃんの時に両親が離婚。、
  • 兄(東)は父に、弟(日高)は母に引き取られる。
  • その後、父親は事業に失敗し東の家庭は貧しくなった。
  • 殺された「四方忠良」は東の父親に負債を押し付けた人物
  • 殺人リストは、東朔也の復讐したい人物の可能性が出てきた。

伏線もかなり回収されましたが、まだまだ謎も多く残ってます。

その一つが「東朔也」の正体です。
今までの経緯から、東は陸のバイト仲間の「湯浅和男」と考えるのが普通です。
でも、ネット上では「東の正体は湯浅じゃないんじゃないか?」という声も多いんです。

みんなの声からその理由を探ってみました。

壁に「9」の文字を書いていた、右手にホクロのある人物(俳優:上杉柊平さん)が東朔也だという意見も!
この人が「右手にホクロがある人物から清掃を頼まれた」と証言してます。
湯浅を疑わせるための嘘かもしれません。

これらのことから、東が湯浅(師匠)じゃないと思うのは、次のことが理由のようです。

  • 設定がストレートすぎてミスリードに見える。
  • まだ、7話なのでもうひとひねりありそう。
  • 黒幕(東)は別にいる。
  • 師匠が犯人だと話が終わってしまう。

明確な根拠はないですが、東が湯浅であるという材料が揃いすぎていて、逆に疑いたくなるんですよね。

確かに、第7話の時点で現時点で東の正体がバレるのは早すぎかなとも思います。

なお、湯浅役の迫田孝也さんのインスタには、右手のホクロがバッチリ映ってました。
今は削除されてますが、これもミスリードかもしれません!

次回第8話は、湯浅の右手にホクロがあるのか判明します。
東の正体は誰なのか?回収されていく伏線に、一瞬たりとも目が離せませんね!

「天国と地獄」はParaviで2週間無料で見ることができます。

国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信中!
国内ドラマ数が日本最大級、ドラマ好きにおすすめのサービスです。

今すぐParaviで2週間無料体験する

 

今なら2週間無料でお試し体験できます。
無料体験期間終了後は、月額1,050円(税込)で視聴できます。

※本ページの情報は2021年2月時点のものです。
 最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。