h ガッツリ食べる!キャベツたっぷりカレー | エンタメライフ
【PR】
料理

ガッツリ食べる!キャベツたっぷりカレー

神奈川県の葉山に遊びに行ったとき、道の駅で三浦半島で採れたみずみずしいキャベツが安くで手に入りました♪

これはもう、キャベツを使った料理を作るっきゃない!ということで、今回はキャベツをたっぷり使った「キャベツたっぷりカレー」を作ってみました。

キャベツは栄養満点で、しかも低カロリーだから、ダイエット中の方にもオススメです。子供たちも大好きなカレー味で、食べやすさもバッチリ!

いつもと違うカレーを作りたい時にも、ぴったりな一品です。

使用した食材(2食分)

使用した食材です。鶏肉は豚肉で作っても美味しいです♪

  • 鶏もも肉:1枚
  • キャベツ:300g
  • 玉ねぎ:1/2個
  • 唐辛子:小2本(子供が食べる場合は唐辛子は入れません)
  • カレールウ:80g
  • サラダ油:大さじ1

    <調味料>
    ケチャップ:大さじ1
    味噌:小さじ1
    塩・胡椒:少々

葉山ステーション(道の駅)で、三浦産の採れたて春キャベツが184円で販売してました。マグロ肥料で育てているのが特徴で、成長が早く良く育つそうです!
実際、葉がしっかりしていて青々としていました。

カロリー(一人当たり)

カロリーはおよそ860kcalです。一般的なチキンカレーと同じくらいですが、カロリーが気になる場合は、ご飯の量を減らしたり、カロリーの低いライ麦パンに変えるなど工夫してみてくださいね。

調理の手順とポイント

調理時間は15分でパパっと作れます♪基本、お湯を沸かしてパスタをゆでてじゃこと合えるだけなので楽チンです。

<調理の手順>

  1. キャベツを一口大に刻みます。
  2. 玉ねぎは薄切りにします。
  3. 鶏もも肉を一口大に刻み、塩コショウで下味をつけます。
  4. 鍋に油を入れて、③の鶏もも肉を炒めます。
  5. 薄切りにした玉ねぎと唐辛子(2つに割ったもの)を入れて、軽く炒めます。
  6. 刻んだキャベツを鍋に入れ、ふたをして10分~15分煮込みます。
  7. カレールウ(80g)、ケチャップ(大さじ1)、味噌(小さじ1)を入れてかき混ぜ、2~3分煮込みます。
  8. 味が物足りなければケチャップやソースなどを加えます。
  9. ごはんをよそって皿に盛りつけて完成です!

・キャベツを良く煮込むことが美味しく仕上げるポイントです。

・好みによりカレールウやケチャップの量は調節しましょう

工夫したこと

キャベツは一番外側の少し固めの葉を使ったので、長めに煮込みました。キャベツの芯は細かく刻んで火の通りを用しました。

ケチャップとの相性を考えて、カレールウは「エバラ 横濱舶来亭トロピカルカレーフレーク 180g 1袋」を使用しました。

>>エバラ 横濱舶来亭トロピカルカレーフレーク 180g 1袋はこちら

フルーティーでほんのり甘い、お子さんでも食べやすいカレールウです♪
今回は大人だけで食べたので唐辛子を入れて味のアクセントをつけました。

作ってみた感想

葉山で出会った、甘くてみずみずしいキャベツ。こんなに立派なキャベツを、余すことなく使い切りたい…そんな思いから、このカレーが誕生しました。

このカレーの特徴は、なんといってもキャベツの量!主役のキャベツがゴロゴロと入っていて、食べ応え抜群です。しかも、甘みのあるキャベツとトロピカルな味わいのカレールウが相性抜群でペロッと完食しました。

隠し味には、トマトケチャップと味噌を。トマトケチャップの酸味が食欲をそそり、味噌のコクが深い味わいをプラスしてくれます。

キャベツは栄養満点で、しかも低カロリーだから、ダイエット中の方にもオススメです。食物繊維も豊富なので、便秘解消にも効果が期待できます。

そして、嬉しいのが作りやすさ!材料を炒めて煮込むだけなので、料理初心者でも安心です。

今回は、鶏肉を使っていますが、豚肉や牛肉など、お好みの具材でアレンジしても美味しくいただけます。

家族や友達と集まる時にもぴったりな、ボリューム満点のキャベツたっぷりカレー。ぜひ、皆さんも作ってみてくださいね。